テーマ別

    • 見る

    夏だ、花火だ! 千葉県内8月の花火大会特集!

    2018.08.06

    夏だ、花火だ! 千葉県内8月の花火大会特集!

    “夏と言えば”の代名詞とも言えるお祭り&花火大会。むわっと蒸し暑い空気と、屋台のぼーっとした明かりといい香り、身体の内側にも響き渡る花火の振動。子供の頃に行った地元のお祭りの記憶が蘇ったり、彼や彼女と過ごした甘酸っぱい夏の思い出に浸ったり……嬉しさと切なさの入り混じったなんとも言えない気分になってしまうのは筆者だけではないと思います。今年まだ花火を見ていないという方、夏は半分終わってしまったけれどまだ間に合います!これから行われる大規模な花火大会が千葉県内にも数多く残っていますよ。厳選した6つの花火大会の詳細を、併せて楽しみたいご当地のおすすめ情報とともにご紹介します。
    • 遊ぶ・体験する

    森林浴×スポーツが爽快!「フォレストアドベンチャー」

    2018.08.06

    森林浴×スポーツが爽快!「フォレストアドベンチャー」

    夏は外で身体を動かすのが気持ちいい季節。海、川、山と暑い夏も楽しく過ごせる自然がたくさんあるのが千葉の魅力です。しかし今年の夏は猛暑続きですっかりバテてしまった方も多いかもしれません。ついクーラーの効いた部屋でダラダラしてしまいがちですが、短い夏がもったいない! 重い腰をあげて、自然に身を置きアクティブかつヘルシーに過ごしてみませんか? 今回は千葉の多くのアクティビティの中でも“森林浴ができる”アトラクションをご紹介。森をそのまま活用したアウトドアパーク「フォレストアドベンチャー」で気分をリフレッシュしてみてください。汗が女性を心身ともにキレイにする、筆者はそう信じています。平成最後の夏の思い出作りにもぜひ!
    • 食べる

    夏のひんやりスイーツ食べ歩き

    2018.08.06

    夏のひんやりスイーツ食べ歩き

    暑い日が続いていますが、こんな日に食べたくなるのがひんやりスイーツですよね。

    ふわふわの氷にシロップがたっぷりかかったかき氷に、濃厚な口溶けのソフトクリーム、フルーツいっぱいのドリンク、そして、キンキンに冷えたビール……! いつ食べてもおいしいのは間違いないけれど、夏の暑い日ならおいしさは3割増し! ということで、今回は千葉周辺のひんやりスイーツの食べ歩きコースをご紹介します。

    まずは千葉市立郷土博物館が建つ公園内に佇む茶店「いのはな亭」で、風情ある日本庭園を眺めながらかき氷を味わって。その後、千葉駅周辺に向かって「風鈴堂」でソフトクリームをぺろりと食べてから、「カフェ ヤミーワッフル」でトッピングをたくさん盛ったかき氷を食べれば、夏の暑さも吹き飛んで幸せ気分に。夜は「ザ・サーフ オーシャンテラス レストラン」で海を眺めながらのディナーなんていかが?

    このほかにも、ひんやりスイーツを食べられるスポットをご紹介。今だからこそ楽しめる夏の味を求めて、YORIPを立ち上げながらお出かけしてみてください。
    • 遊ぶ・体験する

    総合施設「SEA DAYS」で館山をアクティブに遊ぶ

    2018.06.28

    総合施設「SEA DAYS」で館山をアクティブに遊ぶ

    房総半島の最南端、館山市。海があり、自然が豊かなことは千葉の他の地域とも変わらないのですが、潮風が全方位から吹きパームツリーが立ち並ぶこの場所では、どこよりもゆったりした空気が感じられます。そんなのんびり館山市に、地元の自然を活かして遊べる魅力的なアウトドア総合施設があるのをご存知でしょうか。内房なぎさライン沿い、北条海岸が目の前の「SEA DAYS」。YOGA、SUP、RUNを軸に、館山の自然を活かしたアウトドアスポーツに取り組みやすい環境と、海を眺めながらくつろげるカフェスペースを提供しています。2014年5月1日にオープンを迎えてから、地元の人々だけでなく、県外からビジターも多く訪れる人気のヘルシースポットです。責任者の八代さんにお話をうかがいました。
    • 買う 食べる

    「にわのわアート&クラフトフェア・チバ」で掘り出し物探し

    2018.06.28

    「にわのわアート&クラフトフェア・チバ」で掘り出し物探し

    多くの人々が心の豊かさを求め、ゆとりある生活を楽しむ昨今、全国各地で多くの“クラフトフェア”が開催されています。アーティストである出展者とアートやクラフトに関心を持つ参加者がつながることができる貴重なイベントです。今回チバコトラボがフォーカスしたのは、千葉県佐倉市にある佐倉城跡公園で毎年6月に2日間開催されている「にわのわアート&クラフトフェア・チバ」。千葉は実はアーティストが多い県だということを発信したい、そして作家同士の情報交換の場をつくりたいという想いから始まったイベントだそう。会場にはフラッグが飾られ、参加者はテントやレジャーシートを持ち寄り、半ばピクニック気分で楽しんでいました。家族連れやカップル、1人だって楽しめる充実のイベントをレポートします。
    • 買う
    • 食べる

    新しくなった「ペリチカ」でグルメ&スイーツ巡り♪

    2018.06.28

    新しくなった「ペリチカ」でグルメ&スイーツ巡り♪

    ペリエ千葉が6/28にグランドオープン。それに合わせて、リニューアル前から地元の人々に親しまれていたB1F食品エリア「ペリチカ」もパワーアップしました!

    毎日の食卓を彩る生鮮食品やお惣菜などを扱うショップのほか、スイーツや和菓子のショップ、千葉県初出店のショップなどが充実。さらには、フードコートやバルスタイルの飲食店も新しく登場したことで、気軽に立ち寄ってゆっくり時間を過ごせるようになったのも魅力です。千葉駅で友人と待ち合わせて「ペリチカ」でグルメ&スイーツを漫喫する、なんて過ごし方ができるように。

    例えば、千葉県初出店のスパニッシュ&イタリアンの肉バル「Grill&Wine Bar Good Ton」でランチをしてから、「京都 宇治茶 錦一葉」で抹茶パフェを堪能。その後は、「焼きたてチーズタルト専門店 PABLO mini」や「黒平まんじゅう本舗」など人気のスイーツショップをチェックして、ペリチカ内のミーツスタンドで味見をしながらひと休み、なんて過ごし方はいかが? もちろんお出かけから帰ってきて夕食がてらふらっと立ち寄るのもアリ。千葉の地酒とともに寿司を味わえる「寿司・天ぷら すし天」もぜひチェックして。

    新しい「ペリチカ」で話題のショップを巡りながら、おいしいものを探してみてください!
    • 遊ぶ・体験する

    房総の潮風を感じ「ビーチヨガ」でリフレッシュ

    2018.06.04

    房総の潮風を感じ「ビーチヨガ」でリフレッシュ

    夏を目前に、海が気持ちいい季節になってきました。房総半島のビーチも人で賑わい始める頃です。さて、みなさんはビーチでヨガをしたことはありますか? 潮風を受け、海と自然を感じながら行う“ビーチヨガ”は、室内で行うヨガとはまた違った魅力を持っています。千葉の海沿いでも、そろそろビーチヨガのクラスやイベントがスタートする時期。未経験の方でも、すでにその気持ち良さを体験している方も、今年は房総の海でビーチヨガを体験してみませんか? 今回は一宮町在住のヨガ講師で、暖かい季節にはビーチヨガも行っているAoi Weiさんに、ビーチヨガの魅力や、ビーチヨガのあるライフスタイルについてお話をうかがいます。後半では、ビーチヨガを実施している千葉県内のスクールもご紹介!
    • 買う 食べる

    「大多喜ハーブガーデン」で過ごすハーバルタイム

    2018.06.04

    「大多喜ハーブガーデン」で過ごすハーバルタイム

    自然豊かな千葉県内の中でも特にナチュラルな暮らしができる場所、夷隅郡大多喜町。山や田んぼの緑に囲まれたのどかなこの地区に、1970年から続く老舗のハーブガーデンがあります。「ハーブガーデン」と聞くと、なんだかメルヘンな空間をイメージしてしまうかもしれませんが、「大多喜ハーブガーデン」はこの土地を活かした“ナチュラルな暮らし”につながる提案をしてくれる場所、という感じ。毎月イベントが開催され、レストランやショップが併設、ハーブ摘み体験やハーブ教室なども実施、たくさんの人がハーブを生活に取り入れられるよう様々な角度からアプローチしています。料理が好きな方、自然派の食事やコスメが好きな方に特におすすめ。県内外から人が訪れる、人気ながらも穴場的なスポットのご紹介です。
    • 遊ぶ・体験する
    • 食べる

    初夏に行きたい! 癒やしの水辺スポット

    2018.06.04

    初夏に行きたい! 癒やしの水辺スポット

    6月になって気温が高い日も増えてきました。この時期にお出かけするなら、涼しさを感じられる水辺のスポットはいかがですか?

    今の季節におすすめの水辺スポットといえば、花見川沿いにある「しらさぎ公園」です。6月中旬に見頃を迎えるオオガハスは必見。写真を撮る人でにぎわいそうです。その後は同じく花見川区内にある「タンジョウファームキッチン」で採れたて野菜のランチを食べたり、ゆったりとした時間を過ごせる「iijima coffee」に立ち寄ってレモンパイをいただいたり。夜になったら、千葉港のケーズハーバーから出港する観光船に乗って潮風を感じながら工場夜景を眺める、なんてレジャープランはいかが?

    ほかにも、池や水路などさまざまな水辺の風景が楽しめる「あすみが丘水辺の郷公園」もこの時期おすすめ。近くには犬と一緒に過ごせる「e-dogCafe」があるので犬好きの方はぜひ立ち寄ってみてください。1日がかりでお出かけしたいという人は、成田山公園内にある「雄飛の滝」、釣りや水上アスレチックができる「清水公園」へ。涼しげな水辺スポットで、初夏ならではの休日を過ごしてみてはいかがでしょう。
    • 遊ぶ・体験する

    ビーチムードを満喫! 「サーフタウンフェスタ」@太東ビーチ&ペリエ千葉

    2018.05.07

    ビーチムードを満喫! 「サーフタウンフェスタ」@太東ビーチ&ペリエ千葉

    徐々に気温が上昇してくると、海に行きたくてそわそわしてきませんか? だけど、泳ぐにはまだちょっと海水が冷たい…。そんな気分のときに足を運んでみたいのがビーチで開催されるイベント。千葉には房総半島があり、長い海岸線を有しているので、夏が近づくにつれて県内の各地でビーチイベントが行われるようになります。その中でもこの時期にぜひ訪れてみたいのが、太東ビーチパークで毎年開催される「サーフタウンフェスタ」。サーフィンを中心とした催し物が行われ、一足早く夏を感じられること間違いなしです。しかも、今年はそのサーフタウンフェスタと連携したイベントがペリエ千葉でも開催されるとか。ちょっと足を伸ばして海まで行くもよし、ペリエ千葉で海気分を味わうもよし。アクティブに出かけてみよう!
    • 見る 買う 食べる

    おいしい「チーズ」に出会う いすみ市の旅

    2018.05.07

    おいしい「チーズ」に出会う いすみ市の旅

    田舎暮らしを目指して県内、県外からの移住者も多いいすみ市。田園や里が広がるのどかな雰囲気の中で、密かに「チーズ工房」が有名だということ、ご存知でしょうか。現在5軒のチーズ工房があり、「いすみチーズマップ」なる冊子も行政から発行されているほど。市内の直売所などではいすみ産チーズが販売されているのをよく目にします。今回数ある工房の中からピックアップしたのは、市内では珍しく牧場にチーズ工房が併設された「高秀牧場」。フレッシュな牛乳をふんだんに使った美味しいチーズが購入できるだけでなく、カフェも併設され、その場でミルクやチーズを使ったメニューがいただけます。牧場オーナー家族の長女で、カフェ「ミルク工房」の代表、高橋温香さんにお話をうかがいました。
    • 遊ぶ・体験する
    • 食べる

    のんびりパークライフ

    2018.05.07

    のんびりパークライフ

    天気のいい日が続いて、初夏の風が吹く5月。緑いっぱいの自然の中で過ごすのにぴったりな季節ですよね。休日はお弁当やサンドイッチなどを持ってピクニックにお出かけ、なんていかがですか? 芝生の上にレジャーシートを敷いて寝転んで、みんなで持ち寄ったランチを食べて、木漏れ日が差す森を散策して。なんだか1日の時間がゆっくりと流れていきそうです。

    今回は千葉エリアでおすすめのピクニックスポットをピックアップ。静かな森のテラス、緑いっぱいの芝生、潮風を感じるビーチなどいろいろなスポットがあるので、お気に入りの場所をぜひ見つけてみて。

    また、ピクニックに行く前に立ち寄りたいテイクアウトができるお店も合わせてご紹介します。おしゃれなカフェのキッシュやハンバーガー、地元で人気の手作りメロンパンやサンドイッチ、見た目のインパクト大のスイーツなど、どれも話題になっているショップばかり。ぜひ訪ねてみてください!
    • 見る 食べる

    インスタグラムで話題! 

    2018.04.16

    インスタグラムで話題! "海しか見えない" 千葉のカフェ2選

    千葉県には「海の見えるカフェ」がたくさんあります。店内からチラリとでも海が望めるだけでも心が和み、癒されるもの。カフェの居心地のよさと海の与えてくれる開放感を同時に味わえるあの幸せな感覚は、わざわざ景色を見るためだけに訪れたくなるほどです。しかし、さすがは海に囲まれた房総半島。「海の見えるカフェ」を超える「海しか見えないカフェ」が存在すること、ご存知でしたか? 海以外他に何もなく、目の前にはただただ広いパノラマと水平線が続くだけ。そんな贅沢なロケーションでいただくコーヒーや食事は、美味しさもひとしおです。今回は、メディアでもひっぱりだこの、崖の上に建てられた2軒のカフェをご紹介。春風が心地のいいこの季節にぴったりです。
    • 見る 遊ぶ・体験する

    千葉で体験できる、まさに「ジブリの世界」な場所

    2018.04.16

    千葉で体験できる、まさに「ジブリの世界」な場所

    誰もが一作品は観たことがあるだろう“ジブリ映画”。あの非現実的な世界に行ってみたい、なんて夢見たことはありませんか? 実はそれが叶う場所があります。その場所とは、なんと千葉! 都内から電車または車で気軽に行けるにも関わらず、自然豊かなここ千葉には、ふとした瞬間に「ジブリ映画の中に入ったみたいな場所」と錯覚してしまうほど厳かな場所が多く存在するのです。季節や時間帯、気象条件などが一致した時、それは驚くほどの美しさで私たちを包み込みます。インスタグラムやテレビで話題の超有名な場所から、知る人ぞ知る穴場まで、3箇所をピックアップしました。暖かくなり、散策やフォトトリップも気持ち良い季節。この春、カメラ片手に近場のジブリの世界へ出かけませんか?
    • 見る
    • 食べる

    お気に入りの写真を撮りに出かけよう!

    2018.04.16

    お気に入りの写真を撮りに出かけよう!

    公園や街中で見つけたきれいな景色、おしゃれなカフェのスイーツなどは、写真に撮って思い出に残したり、SNSに投稿してみんなに見てもらったりしたいですよね。今回ご紹介するのは、千葉周辺で話題になっているフォトジェニックなスポット。ぜひ、写真を撮りに出かけてみてはいかが?

    まずは、この時期にぜひ行きたいのが「京成バラ園」。5月には春バラが見頃を迎え、辺り一面バラづくし。バラのアーチをくぐってぜひ写真を撮ってみて! お昼は、すぐに予約で埋まってしまうという人気のカフェ「256nicom」へ。フォトジェニックなカレーとパフェを堪能したら、海岸方面へ移動。ケーズハーバーの中にある「blue PADDLE」でカラフルなコールドプレスジュースをオーダーしたら、海を臨むテラス席でひと休み。もちろん写真も忘れずに。そして、「美浜大橋」から海に沈む夕日を眺めて1日のお出かけは終了。お気に入りの写真はSNSに投稿しちゃいましょう!

    YORIPではこのほかにもフォトジェニックなスポットを紹介しています。ピクニック気分でスマホとカメラを片手にぜひお出かけしてみてください!
    • 買う 食べる

    身近なスーパーフード!? 「ピーナッツ」で美活

    2018.03.15

    身近なスーパーフード!? 「ピーナッツ」で美活

    おつまみやスウィーツ、食事などに広く使われるピーナッツは、私たち日本人にとって非常に身近な食材。だからこそこれまで取り立てて話題に上らなかったのかもしれませんが、実は優れた栄養素をたっぷり持っている “スーパーフード”的な存在なのです。女性のダイエットに、年配の方の健康食品として、子供の成長にも、すべての世代にアプローチできる成分がつまっています。どんな食事にも合う汎用性の高さも注目すべき点。今回はフードコーディネーターとして「Dora The Food(http://www.dorathefood.com/top.htm)」の松島由恵さんにレシピ監修やピーナッツの持つパワーについて教えていただきました。ピーナッツの魅力を知れば、きっと常備せずにはいられなくなりますよ。
    • 買う 遊ぶ・体験する

    大自然の中で身体を動かす「トレイルラン」にチャレンジ

    2018.03.15

    大自然の中で身体を動かす「トレイルラン」にチャレンジ

    山の中を走り抜けるスポーツ「トレイルラン」。自然の豊かな千葉県内にはトレイルランに最適な場所が多くあり、レースも頻繁に開催されています。最近女性の間でもブームになっているとはいえ、少しハードルが高いのでは……? そんな風にお考えのみなさんに、実は手軽に始められて、気付いたらハマっている、そんなトレイルランの魅力をお届けします。この記事では、トレイルランの始め方、最新シューズやアイテム、千葉県内のおすすめのコース、そしてレース情報などをご紹介。エイ出版社の月刊誌「ランニング・スタイル(http://www.runningstyle.jp/)」の編集部員、トレイルランの担当者で、トレラン歴約3年の二宮菜花さんにお話をうかがいました。
    • 見る
    • 遊ぶ・体験する
    • 食べる

    ウキウキ♪ 春探しに出かけよう

    2018.03.15

    ウキウキ♪ 春探しに出かけよう

    千葉の街ナカにも、春が到来! すでに見ごろを迎えている早咲きの桜もありますが、3月下旬からはソメイヨシノがぞくぞくと開花し、街を淡いピンク色に包みます。菜の花など桜以外の花も一斉に咲き始めて、街を散歩するのが楽しい季節になりました。

    この時期ならではのお出かけコースということで、今回は千葉周辺で春を満喫できるスポットをご紹介! お花見を楽しむなら、1500本の桜が咲く名所「泉自然公園」は千葉に住んでいるなら一度は行っておきたいスポットです。また、「千葉市動物公園」は人気の動物たちと満開の桜を一緒に見られる穴場スポット。のんびりお茶を飲みながら桜を堪能したいという方は、千葉公園の目の前にあるカフェ&コミュニティスペース「椿森コムナ」へ。ツリーハウスから見下ろす千葉公園の桜はSNS映えすること間違いなしです! そのほか、さまざまな種類の春の花が咲く「山陽メディアフラワーミュージアム」も必見。珍しい花や植物もあって、散策しているうちにあっとういう間に時間が過ぎてしまうはずです。

    YORIPではこのほかにも千葉の街ナカで春を感じられるスポットをたくさん紹介しているので、スマホ片手にぜひお出かけしてみてください!
    • 遊ぶ・体験する

    サイクルトレイン「B.B.BASE」で行く房総半島サイクリング

    2018.02.15

    サイクルトレイン「B.B.BASE」で行く房総半島サイクリング

    今年1月6日(土)にデビューした、JR東日本千葉支社製作のサイクルトレイン専用列車「B.B.BASE」(ビー・ビー・ベース)。この車名は「房総バイシクル・ベース」のイニシャルをとったもので、文字どおり房総半島をサイクリングするための特別列車。ロードバイクを大きくあしらったそのド派手なルックスと、乗車定員分だけ備えられた専用ラックなど、サイクリストのために考えられた装備が全国の自転車乗りたちの熱い視線を浴びている。今回はそのB.B.BASEの概要と、運行路線である内房線、外房線、総武本線、成田線の中から内房線と外房線沿線のサイクリングの魅力を紹介しよう
    • 遊ぶ・体験する

    千葉でリトリート② 特別な日を贅沢に過ごす温泉旅館

    2018.02.15

    千葉でリトリート② 特別な日を贅沢に過ごす温泉旅館

    手軽に行ける千葉県内の日帰りの温泉施設をご紹介した、前回の記事「千葉でリトリート①」に続いて、今回はゆっくりと過ごせるラグジュアリーな温泉宿をご紹介。温泉の多い千葉県内でも、特に気候も暖かく南国の雰囲気溢れる南房総方面には、記念日や特別な日に訪れたいワンランク上の温泉宿がいくつもあります。今回は、中でもモダンな雰囲気漂い、女性同士、カップル、親子など幅広く楽しんでいただける鋸南町のお宿「ゆうみ」をピックアップしました。全室オーシャンビュー、貸し切り風呂を5つ完備、地元で獲れた新鮮な海の幸を堪能できるなど、見どころが盛りだくさん。都会の喧騒からのエスケープに最適な温泉宿で、日々の疲れを癒してください
    • 遊ぶ・体験する

    朝活夕活で自分リニューアル!

    2018.02.15

    朝活夕活で自分リニューアル!

    まだまだ寒い日が続きますが、少しずつ春が近づいてきている気配を感じますよね。「今年は新しい挑戦をしたい」と思いつつ、まだ行動に移せていない人もいるのでは? そんなときは朝と夜の時間を効率的に使って、新しい体験ができるスポットへ出かけてみませんか。今回ご紹介するのは、千葉周辺で新しい趣味に出会える体験レッスンやボランティアに参加できるスポットです。

    朝活を始めたいという方は、「路地裏Shanti+puls」の早朝ヨガで1日を気持ちよくスタートしてみて。 新しい体験をしたいという方は、西千葉で話題の地域活性プロジェクト「HELLO GARDEN」のイベントに参加したり、「千葉陶芸工房」で陶芸体験をしてみたり、なんてプランはいかが? あるいは、もしも何か気になることがある人は「占い専科 青い月」で現在と未来を占ってもらうというのも、自分を知るひとつの手かも。

    YORIPではさまざまなスポットをピックアップしているので、気になる体験レッスンやボランティアを見つけたらぜひ気軽に参加してみてください。一歩踏み出してみたら、明日がもっと楽しくなるかも!

    • 遊ぶ・体験する

    「千葉でリトリート」① 冬に訪れたい癒しの日帰り温泉施設

    2018.01.11

    「千葉でリトリート」① 冬に訪れたい癒しの日帰り温泉施設

    千葉県が日本屈指の温泉地のひとつであるということ、ご存知でしたか? 銚子、九十九里、勝浦、御宿、養老、鴨川、白浜、千倉、館山など北総から南房総まで、実に200以上もの温泉があるのです。それぞれ泉質が異なり、もちろんロケーションも様々。四季折々の自然を感じられる山奥から海を一望できるところまで、その土地の特徴を生かした多彩な温泉施設が存在します。ここではさくっと訪れられる、千葉の日帰り可能な温泉施設をピックアップ。本格的な温泉施設から最新のスーパー銭湯まで、3つの施設を紹介します。スポーツでかいた汗を流すもよし、房総の食を堪能する旅の帰りに寄るもよし、シンプルに温泉めぐりもおすすめ。これぞ、冬の千葉の楽しみ方です。
    • 見る

    千葉県の急上昇ワード、「チバニアン」ってなんだ?

    2018.01.11

    千葉県の急上昇ワード、「チバニアン」ってなんだ?

    巷で話題の「チバニアン」、一度は耳にしたことがあるのでは。これは千葉県市原市田淵、養老川沿いにある約77万年前の地磁気逆転地層「千葉セクション」が、地球の時代区分の国際標準地に選定される可能性が高まってきているというニュース。千葉県内のみならず、日本中、いや世界中が注目しているのです。これによって千葉セクションは今、観光客や報道陣で大にぎわい。まだ審査の第1段階を通過したところですが、正式決定した場合には大変な混雑が予想されます。訪れるなら今のうち! ここでは市原市役所ふるさと文化課の牧野さんにお話をうかがいながら、「チバニアン」についてわかりやすく解説します。地球史のロマンを、千葉に感じに来てください。
    • 買う
    • 食べる

    大切な人へのギフトを探しに

    2018.01.11

    大切な人へのギフトを探しに

    1月から3月は、バレンタインデー、ホワイトデー、歓送迎会などイベントが盛りだくさん。大切な人や友人にギフトを渡すシーンも増えますよね。また、大勢で集まる機会も増えて、手土産が必要になる機会も多くなるのではないでしょうか。せっかくなら、ギフトを贈った相手が笑顔になるようなアイテムを選びたいもの。

    というわけで今回は、千葉周辺で思わず誰かにあげたくなるようなおいしいスイーツやセンスのよい雑貨を買えるショップをご紹介!

    長い年月を経てきたアンティークの雑貨や作家さんが一つひとつ丁寧に作り上げた手仕事のアイテム、子どもの成長を考えたおもちゃなどは、ほかにはないギフトとして喜ばれること間違いなしです。また、千葉の新しい銘菓として知られるスイーツや、海外で人気の本格チョコレートなどはみんなで集まるときの手土産にぴったり。上質な紅茶は、誰からも喜ばれるセンスのいい贈り物として人気です。

    もちろん、お気に入りのアイテムを見つけたら自分へのギフトも忘れずに! YORIPでお店をチェックして、ギフトを探しに出かけてみませんか?

    • 食べる

    千葉で行きたいグルメな店

    2017.12.04

    千葉で行きたいグルメな店

    いよいよ師走! 忘年会や新年会などのお誘いが増えるシーズンになりました。仲のよい“女子とも”数人で集まって、おいしいグルメやスイーツを食べ歩いたり、しっぽりお酒を飲みながら語り合ったりする計画を立てている人も多いのでは? 久しぶりに会った友人たちとおしゃべりが盛り上がるうちに、気がついたら何軒もお店をはしごしていた……なんてこともありますよね。

    今回は、年末年始の“女子とも”飲みにおすすめのグルメなお店をご紹します! まずは人気のイタリアンレストランで大人ランチ。それから夕方まではスイーツが評判のカジュアルなカフェでお茶タイム。夜はアジアンなバーでカクテルを楽しんだり、隠れ家日本酒バーでレアな日本酒を堪能したりしてまったり過ごす、なんてコースはいかが? 

    たくさん食べて、飲んで、思いっきり笑って、おしゃべりで盛り上がって。YORIPを片手においしいお店を見つけて、とびきり楽しい年末年始を過ごしてください。
    • 遊ぶ・体験する

    手ぶらで冬のグランピング! 大多喜の穴場「プライベートガーデン」へ

    2017.12.04

    手ぶらで冬のグランピング! 大多喜の穴場「プライベートガーデン」へ

    空前のキャンプブームを迎えている昨今、特に女性に人気の “グランピング”をピックアップ。グランピングとは“グラマラス”と“キャンピング”を合体させた造語で、快適、清潔かつラグジュアリーにアウトドアを楽しめる新しいキャンピングスタイルのこと。自然に囲まれた場所でありながらテント内にはベッドやソファが配置され、ゆっくりつかれるお風呂が完備されていたり、食器や食材が一式揃っていることも珍しくありません。準備いらずで手軽に楽しめるのもグランピングのメリットなのです。自然の多い千葉県内にある多くのキャンプ場の中から、今回は大多喜の「プライベートガーデン」をご紹介。冬場のアウトドアを快適にするグランピングの魅力に触れてください。
    • 買う 遊ぶ・体験する

    冬こそ緑を飾る。ボタニカルな部屋づくりにチャレンジ

    2017.12.04

    冬こそ緑を飾る。ボタニカルな部屋づくりにチャレンジ

    最近、多くの植物をインテリアとして取り入れた、いわゆるボタニカルなカフェやオフィス、ルームアレンジへの人気が高まっています。選び方や配置する際のちょっとしたルールさえ学べば、普段過ごす場所がワンランク上のリラックススペースに早変わり。自然界から緑が減ってしまう冬の時期こそ、お部屋の中には植物をたくさん取り入れて、暖かい雰囲気を演出してみませんか。今回は成田市にあるボタニカルショップ「Breed」のオーナー、高橋さんに監修をお願いして、緑たっぷりの部屋づくりにチャレンジしました。リビング、壁、テーブル、バスルームの4箇所を切り取り、冬におすすめの植物やレイアウトのポイントをご紹介。
    • 食べる

    秋のコーヒータイムを満喫♪

    2017.11.01

    秋のコーヒータイムを満喫♪

    11月になって少しずつ寒い日が増えてきました。この季節は、お気に入りのカフェで温かなコーヒーを飲みながら、まったり、ゆったり過ごすのが心地よいもの。ショッピングや散歩の合間に立ち寄ってひと休みしたり、友人とのランチを楽しんだり。居心地がよくて、本格的なコーヒーを飲めて、いつでも気軽に訪れることができる行きつけのカフェがあると、毎日がちょっとだけハッピーに過ごせるはず。

    今回は、千葉周辺にある“ほっとくつろげるカフェ”をご紹介! おしゃれで写真映えするラテアートをオーダーできるカフェ、焙煎したての新鮮なコーヒーを堪能できるカフェ、本を読んだり音楽を聴いたりしながらくつろげるカフェ、レトロで昔ながらの老舗喫茶など、どの店も個性的です。一度訪れたらファンになってしまうこと間違いなし! もちろん、1日かけて、ぐるりとカフェ巡りを楽しむのもおすすめです。

    お店のこだわりが詰まったコーヒーと、ほかでは食べられない絶品デザートやランチを求めて、ぜひYORIPを片手に千葉周辺のカフェ巡りに出かけてみてください。
    • 食べる

    千葉はパンが美味いというウワサは本当だった! 今行くべきベーカリー5店

    2017.11.01

    千葉はパンが美味いというウワサは本当だった! 今行くべきベーカリー5店

    地元の人に愛される小さなお店から間違いないメジャーな店舗まで、千葉県内にはオリジナリティ溢れるベーカリーが多数あります。その中でもパン好きの間では欠かせないお店がいくつか存在するとのウワサを聞きつけました。さらにはパン好きのためのイベントまで定期的に開催されているとか。「実は千葉、パンが美味しい県なのでは?」そんな疑問を解決するべく、この企画を立ち上げることに。“朝食は毎日パンでOK“な大のパン好き筆者が、本当に美味しいパンを販売するベーカリーを見つけるべく、千葉県内を旅してきました。この感動的な美味しさにぜひ会いに行ってほしいと思えた、5店舗と素敵なパンフェスをご紹介します。
    • 見る 遊ぶ・体験する 食べる

    鴨川シーワールド「大人のナイトステイ」でプレミアムな一夜を

    2017.11.01

    鴨川シーワールド「大人のナイトステイ」でプレミアムな一夜を

    日照時間が短いこの頃、皆さんは夜をどのように過ごされていますか? 今回は秋の夜長をちょっぴりプレミアムに楽しめる、ナイトイベントをご紹介します。水族館テーマパーク、鴨川シーワールドの「大人のナイトステイ」は毎年11月に開催されている18歳以上限定の宿泊イベント。日常の喧騒から離れ、閉館後のシーワールドを貸し切りで楽しめるのです。水族館にステイすること自体がレアなのですが、このイベントでは通常営業にはない特別なプログラムで参加者を迎え、房総の食材を使用したコース料理を堪能、巨大水槽の前に宿泊するという贅沢な時間を提供してくれます。たまにはそんな素敵な夜の過ごし方、してみませんか?
    • 見る

    チバにしかない!SNS映えスポット情報

    2017.10.06

    チバにしかない!SNS映えスポット情報

    おしゃれなカフェや、スウィーツから絶景までいろんなSNS映えのスポットが大賑わい!!千葉にもアレ〜こんなところに?!というスポットや、リゾート感満載のスポットがたくさんありますよね。 今回は、千葉が誇る歴史的建造物の中からSNS映えする まるで中世の迷い込んだようなスポット、ミスマッチが新しいスポット、期間限定で撮影できるスポット、新名所などをご紹介します。雑誌風に撮ったり、まるで海外にいるように撮ってみたりと、いろんなアングルでためしてみてはいかが?いつもの街が違って見えますよ。

    そして、10月といえば、海越しのダイヤモンド富士が見える季節。このチャンスを逃さないで!!太陽が富士山にかかり海に沈むまでの数分間、空の色がブルーから深い色に変わり空がゴールドに輝く幻想的な瞬間をとらえてみてね。そのあとの夜景も素敵です。ダイヤモンド富士に合わせてナイトクルーズなどもあるので、工場夜景もキレイかも。また周辺のカフェなどでは、ダイヤモンド富士特別メニューも出現します。いろんな楽しみ方をしてみてください。

    チバコトラボWEBやYORIPアプリでSNS映えするスポットを見つけて、みんなでシェアしてみてください。
    • 見る 買う 遊ぶ・体験する 食べる

    千葉特産の日本酒を知る、味わう、楽しむ

    2017.10.06

    千葉特産の日本酒を知る、味わう、楽しむ

    県内に酒蔵が40以上もあるほど昔から酒づくりが盛んな千葉。山の幸、海の幸ともに美味しいものがあふれている千葉で、それに合う地酒を知らないなんてもったいない! そんな想いから今回フィーチャーすることにしました。県内では10蔵程度が蔵元見学を行っていて、そうやって蔵元を訪れてみたり、イベントに参加するうちに日本酒の奥深さや自分の好みの味がわかってくるもの。知ることが楽しむことにつながるのです。日本酒=和食のイメージは、今は昔。洋食とも相性抜群で、ワイングラスで飲むことを推奨されるものもあるほど、革新し続けています。ぜひ食卓に、千葉の地酒を添えてみてください。
    • 買う 食べる

    はじめよう、自然いっぱいの千葉で目指すオーガニックライフ

    2017.10.06

    はじめよう、自然いっぱいの千葉で目指すオーガニックライフ

    「ヘルシー」の概念は人それぞれ。ストレスフリーに気持ち良く過ごせるのが一番いいけれど、その選択肢の中には「オーガニックライフ」が必ずラインナップしてきます。農薬や化学肥料を使用しない食物、添加物の入っていない商品を生活に取り入れ、自然のままに、自然と共に生きる。ナチュラル志向の高まりによってたくさんの人々に認知、選択されてきていながらも、日本はまだまだオーガニックに関して発展途上です。今回のトピックは、海、山、畑など自然と身近な千葉だからこそ発信したいオーガニックライフのすすめ。あなたの中のヘルシースイッチをONにして、食事や肌に触れるものを少しだけ考えてみては。
    • 見る

    千葉中央でお手軽♪よりすぐりパワスポ巡り

    2017.09.05

    千葉中央でお手軽♪よりすぐりパワスポ巡り

    毎日一生懸命、仕事もプライベートも全力投球していると、ふとした瞬間に「何かにすこし頼りたいなぁ」「充電したいなぁ」なんてことありませんか?そんなとき、更に前進するパワーをもらえる「パワースポット」を今回は特集します。 パワースポットといえば全国各地に恋愛・健康・仕事や出世などいろんなご利益を感じられる場所がありますが、ご存知でしたでしょうか?実はこの千葉市の中心部にはたくさんのパワースポットがあることを! 今回のおすすめコースで取り上げた4つのスポットは、霊験あらたかな出世弁天や、千葉氏ゆかりの妙見さま(北極星・北斗七星)にまつわる千葉神社や七天王塚、大銀杏が見事に茂る千葉寺と表情もさまざまです。千葉市の歴史に縁の深いスポットでもあるので、少しアカデミックでスピリチュアルな、秋らしいパワースポット巡りをしてみるのはどうでしょう? 神社仏閣の凛とした雰囲気を感じれば背筋もピンと伸びそうですし、緑豊かなスポットで深呼吸すれば心穏やかにリフレッシュできそうです。さらに、星に導かれてもしかしたら良いことあるかもしれないですね♪
    • 見る 遊ぶ・体験する

    千葉県内で行われる、大規模な秋祭りに行ってみよう!

    2017.09.04

    千葉県内で行われる、大規模な秋祭りに行ってみよう!

    お祭りといえば、全国的に夏のイメージが強いけれど、実は房総半島では9月〜10月に開催される「秋祭り」が非常に盛んなのです。地元の人々が大切にしている歴史と、長時間、数日間に渡って神輿を担ぐ男たちの熱気……観光客も合わせ数万人が参加する大規模な祭りは、見る者にも感動を与えてくれます。ここでは特に迫力のある3つの祭り、「上総十二社祭」「勝浦大漁祭り」「大原はだか祭り」を中心に、厳選したオススメ秋祭りをご紹介。毎年神輿を担いでいる地元の方や、神社の方、また実際に観賞したことがあるライターの“生の声”とともにお届けします。ぜひ、今年こそ千葉の祭りに足を運んでみてください。
    • 見る 買う 遊ぶ・体験する

    サーフィンの聖地、九十九里で素敵なサーファーガールになろう!

    2017.09.04

    サーフィンの聖地、九十九里で素敵なサーファーガールになろう!

    太平洋に面している九十九里浜は日本屈指のサーフポイント数と波数を誇り、“サーファーのメッカ”と呼ばれるほど。海沿いに立ち並ぶたくさんのサーフショップは、そのほとんどがスクールを実施しているため、ビギナーに優しい環境が整っているのです。2020年のオリンピックから初めて正式種目となったサーフィン、九十九里の釣ヶ崎海岸での開催が決定したこともあり、ますます盛り上がりを見せている今年。自然と触れ合えるヘルシーなスポーツをこれから始めたいと思っている女性に向けた、簡単なスターターガイドをご紹介します。実は秋がサーフィンの始めどきとういうところもポイント!

    TOP

    住所
    〒260-0031 千葉市中央区新千葉1-1-1 ペリエ千葉2F-3F
    営業時間
    10:00~22:00 日・祝10:00~21:00
    ※一部店舗により異なります