「発見!千葉編集部」

なぜ寒くても千葉の海へ? 冬サーフィンを楽しむ方法

  • 遊ぶ・体験する

日本で随一のサーフスポットとして知られる千葉。「冬もサーフィンができるの?」と驚く方もいるかもしれませんが、真冬にも多くのサーファーをビーチで見かけます。ただでさえ寒い冬にサーフィンをする理由とは? 第一に、夏よりも波がいいことが挙げられます。冬型の気圧配置が日本列島にウネリをもたらし、風が合えばほぼ毎日サーフィン可能です。第二に、冬はサーフィンをする人が減ることから海が混雑しないこと。よって波に乗れる本数が増えるためサーファーはより楽しめます。第三に、技術の進歩でウェットスーツやその他のギアのクオリティが高くなり、海の中でも寒さを感じづらいこと。今回はそんな千葉の冬の海を楽しむために知っておきたいトピックをご紹介します。

千葉の北と南でまったく違う! 豊富なサーフスポット

千葉には北は銚子から南は館山までサーフスポットだらけ。それでも千葉北部と南部では水温や波質、雰囲気まで異なってきます。冬場の二者の特徴を端的に述べると「人が少なく、極寒の千葉北」と「人が集中しやすく、暖かい千葉南」というイメージ。御宿ビーチ辺りを境に水温が数度高くなり、砂の色も白く、海も青く見え、冬でも南国感が味わえるのが千葉南の良さ。ブーツもグローブも必要ない日もあり、女性にも人気のスポットです。一方千葉北はというと、砂が黒く少し暗い印象がありますが、波が良く、冬は風の向きが合うところが多いのがポイント。実は駐車場が無料の場所も多くあります。人の比較的少ない千葉北を選ぶか、暖かい千葉南を選ぶか、チョイスはあなた次第。

冬にマストなサーフグッズ! 水中編

きちんとしたギアを準備することが、千葉での冬のサーフィンを楽しむ最大のポイント。ウェットスーツやその他の防寒グッズは年々質が高くなっているので、寒さをシャットアウトしてくれます。例えばウェットスーツの下に着る起毛素材のインナーや、手足をカバーするブーツ&グローブ、風から首を守るネックウォーマーに、水がウェットスーツ内に進入してこないようにするためのアンクルバンドやリストバンドなどを使って完全防備。極寒の日にはヘッドキャップも装着すれば完璧です。また唐辛子成分などを配合した「ホットジェル」、「ホットクリーム」もサーファー御用達のアイテム。入水前に身体に塗るとしばらくポカポカした感覚が続きます。これで冬の海の中も、怖いものなし!

商品クレジット
左から
ブーツ\4,900、ネックウォーマー\1,400、グローブ\2,700、インナー\9,800、アンクルバンド\1,400/すべてTABIE REVO、ホットジェル\1,800/EXTRA、ホットクリーム\1,800/PEACE WAVE(すべてムラサキスポーツ)

冬にマストなサーフグッズ! サーフ前後編

冬のサーフィンでもっとも辛いのは、実は海の中でサーフィンしている時ではなく、海から上がって外で着替えなければいけない時。濡れたウェットスーツを脱ごうともがいている中で、冷え切った身体に容赦なく冷たい風が突き刺さります。そんな時には厚手のポンチョ(写真中央)や水着の上から羽織ってそのまま帰れるローブ(写真右)が解決。少しでも風から身を守ることができる大きなフード付きのものを選ぶのがポイント。また、外でコーヒーを淹れることができるアウトドアコーヒーセット(写真左)や、自動で豆を挽いてくれる電動グライダー(写真左の上)もすぐ身体を温めるのに役立つアイテム。

商品クレジット
アウトドアコーヒーセット¥12,800/CAPTAINS HELM、ポンチョ¥13,800、ローブ¥17,500/ともにSeea(ボンズ カサ デ ヴェラノ)、電動ハンディーコーヒーグラインダー/HARIO(私物)

お正月の海は混雑!? 初日の出サーフィン

初日の出を拝むため、毎年元旦の海は大混雑。特に日本で一番最初に日の出が見える銚子をはじめ、千葉は海から昇ってくる幻想的な日の出が見られるのと、都心からも近いため人気の初日の出スポットのひとつとなっています。一部のサーファーの恒例行事が「初日の出サーフィン」。暗いうちから海に入り、ゆっくり昇ってくるオレンジ色の太陽と、それが水面に反射する光景は圧巻。寒さも吹き飛んでしまうほどに感動的な体験です。海の中はそれほど混んでいませんが、道が大渋滞になることも。暗いうちに向かって日の出前に到着を目標にしてみてください。朝から駐車場で甘酒を配っていたり、お祭りのように盛り上がる場所も。来年は1年の始まりを海で過ごしてみては。

サーフィン後、温泉で冷えた身体を温める

冬場のサーフィンの良いところは、プラスαの楽しみがあること。温泉郷が各地にある千葉では源泉を使用した日帰り温泉も充実しているため、サーフィンした後にしっかり身体を温めてから帰宅することができます。南房総、千倉ポイントには目の前に旅館「千倉温泉 千倉館」があります。千葉県最古の温泉と語り伝えられている名湯、千倉温泉は筋肉痛や関節痛、疲労回復、冷え性などにも効くとされ、サーフィンで冷えた身体と疲れた筋肉をゆっくりほぐしてくれます。ロビーは落ち着ける間接照明と千倉の海をイメージしたブルーのインテリアが並び、モダンな温泉宿という印象。贅沢に1泊する、プチサーフトリップというのもいいかもしれません。

●千倉温泉 千倉館
住所:千葉県南房総市千倉町南朝夷1045
最寄駅:JR 千倉駅 車で5分
営業時間:12:30〜17:00
※14:00までの場合や、不定休のことがあるのでお電話してからお越しください。
料金:大人1000円、子供(未就学児)500円
電話番号:0470-44-3211

暖かいドリンクを提供するコーヒーショップへ

朝、サーフィンする前に、または凍えるようなサーフィンを終えた後に飲むコーヒーの美味しさと言ったらもう格別。そんな贅沢な1杯を、千葉サーフィンのメッカとも言われる一宮町の海沿いで提供しているのが「Atlantic Coffee Stand」です。オーナーはプロサーファーの吉川共久さん。周辺の波情報、サーフィンへのアドバイスに加え、エコなマインドとメロウなムードでお客さんを魅了します。コーヒーももちろん美味で、本人がサーフトリップ中に現地で味わったものの中から厳選した豆で淹れてくれます。なんと日の出とともにオープンしているので、朝イチサーファーにおすすめ。

●Atlantic Coffee Stand
住所:千葉県長生郡一宮町一宮10091-1
最寄駅:JR 上総一ノ宮駅 車で5分
営業時間:日の出〜11:00(月、火、木、金)、〜15:00(水、土、日、祝)
定休日:奇数週の金曜日 
電話番号: 090-1848-0469

一覧に戻る

TOP

住所
〒260-0031 千葉市中央区新千葉1-1-1 ペリエ千葉2F-3F
営業時間
10:00~22:00 日・祝10:00~21:00
※一部店舗により異なります