「発見!千葉編集部」

館山メイドのパッションフルーツを作る、サーファー農家さん

  • 買う 食べる

南国を代表する果物、パッションフルーツ。ころりと丸いあずき色の可愛らしい見た目に、甘く香るトロピカルな香りが特徴です。中国では「百香果」と書かれ、パイナップル、オレンジ、マンゴーなど様々なフルーツが混ざり合ったような、まさに“百”の“香”のする“果物”。原産は南米。海外ではよく見かけますが、日本ではまだあまり馴染みのないフルーツかもしれません。そんなパッションフルーツを、気候も人も温かい千葉・館山の地で育てている農家さんに出会いました。「RYO’S FARM」の梁さんは東京から移住し、20代で農家のキャリアをスタート。自身の育てるパッションフルーツについて、その美容効果、館山の魅力などをうかがいました。

パッションフルーツを生産する、館山の「RYO’S FARM」へ

温暖な気候と豊かな自然が心地よい館山。向かったのは海から10分程度のところにある南房総最大規模のパッションフルーツ農園「RYO’S FARM」。オーナーの梁さんは東京出身、館山に移住し農家を始める前は大手メーカーで広報をしていたそう。なぜパッションフルーツ農家になることを決意したのでしょうか。「会社に勤めている時に、大好きなサーフィンが週末しかできないのが辛くて。海の側に住みたいという思いから、まず『地域おこし協力隊』という農務省の制度を利用して館山に移住しました。自治体の課題を解決する活動の中で農家さんを回っているうちに、自分もこの地で農家を始めようと決意。3年やってみてダメだったら、また東京に戻って就職しよう、そんな思いでした」。

館山と相性がいい、南国生まれの果実

「館山の気候に合った南国のフルーツを育てたいと思い、まずはマンゴー農家さんに弟子入りしました。3年間その方の元で学んだ後、マンゴーやアボカドの試験栽培をしたんですが、この2つは木を植えてから実をつけるまで5年くらいかかるうえに、寒さに弱かったんです。その点、パッションフルーツは春に苗を植えたらその夏に収穫ができて、5℃くらいでも越冬できるので決めました。僕自身はパッションフルーツって酸っぱくてあんまりいいイメージがなかったんですけど、自分で作ってみたら甘く美味しくできたのも決め手に。これからもっと人気が出てもいいフルーツだと思います。家族も応援してくれているし、友達もようやく認め始めてくれていて。うらやましがられることも多いです(笑)」。

RYO’S FARMのパッションフルーツは、驚くほど甘い!

パッションフルーツは、本来酸味が強めの果物。しかしRYO’S FARMのものは酸味が少なく、甘みの強さが特徴なのです。これは収穫方法の違いにありました。通常パッションフルーツの実は緑からあずき色に変化している途中で自然に落下してしまうそう。そこから2、3週間置いておくと追熟し出荷できる状態になるのですが、追熟では酸味が取れづらく、落下の衝撃で実を傷つけてしまう恐れも。そこで梁さんは自然落下しないよう洗濯バサミで実を固定し、樹上で完熟させてから収穫しています。梁さん曰く「パッションフルーツが『酸っぱくて苦手』と思っている人は、もう一度諦めずにうちのでトライしてほしいです」。

移住先として選んだ、千葉・館山の魅力とは?

梁さんに、千葉・館山に移住してみた感想をうかがいました。「館山は僕にとってちょうど良い田舎具合なんですよね。生まれ育ちが東京なので、車で1時間半くらいで実家に帰ることができるこの距離感はすごく便利。都会2割、田舎8割くらいのバランスがとれる場所です。海もすごく綺麗だし、自然が多いのも好きなところですね。移住を考えていた当時、館山の、ブランディングされすぎていないまっさらな感じが気に入りました。その余白に、自分が描いていけたらいいな、と思ったんです」。海から自宅までは車で10分程度。今は仕事の合間に海に行き、週2、3以上はサーフィンができているそう。夏、汗をびっしょりかいた農作業終わりの海がまた、格別なんだとか。

SURFING PHOTO:Fabien Voileau

美容成分たっぷり。パッションフルーツは特に女性におすすめ

パッションフルーツが持つ美容成分、それは「ピセアタンノール」と「葉酸」。ピセアタンノールはパッションフルーツの種に多く含まれ、アンチエイジングや美肌に効果があると言われています。そして葉酸は新生児障害のリスクを減らすとされる、女性にとって大切な栄養素。パッションフルーツにおける葉酸の含有量はフルーツの中でもトップクラスなので、妊娠初期の妊婦さんや妊娠を考えている方にかなりおすすめです。その他にもホルモンバランスを整えてくれるビタミンB6も含まれていたりと、女性にぴったりのフルーツなのです。そのまますくって食べるのはもちろん、アイスクリームにかけたりサラダのドレッシング代わりなど、簡単に美味しくいただけます。

お取り寄せ人気急上昇中! 無添加無着色の「リリコイバター」

現在都内を中心に全国で取り扱い店舗が増えている「リリコイバター」。「リリコイ」はハワイ語でパッションフルーツという意味です。RYO’S FARMのパッションフルーツをまるごと1個使用し、国産のバター、卵、砂糖を追加しただけ、無添加&無着色で作られています。「ファーマーズマーケットに出店中、ハワイ帰りの方から『あなたのパッションフルーツでリリコイバターを作ったら絶対に美味しいからやってみなさい』と言われたのがきっかけで始めたんです。加工もすべて僕がやっているんですよ」。トーストに塗ったり、ヨーグルトにかけるのがおすすめだそう。濃厚な甘い香りとほんの少しの酸味が広がる、極上のバタージャムをお試しあれ。

リリコイバター 各1,200円

●RYO’S FARM
https://ryosfarm.com

一覧に戻る

TOP

住所
〒260-0031 千葉市中央区新千葉1-1-1 ペリエ千葉2F-3F
営業時間
10:00~22:00 日・祝10:00~21:00
※一部店舗により異なります