「発見!千葉編集部」

元日も特別開放! 絶景初日の出スポット

  • 見る

平成最後の初日の出は6時46分。ご来光を鑑賞する場所はもう決まっていますか? まだ迷っているなら、ぜひ千葉をリストに入れてみてください。日本列島本州の中でももっとも東側に位置する千葉。海沿いは水平線を間近に、街中では高層ビルから、土地の特徴が活かされた絶景日の出スポットが数多くあります。九十九里浜や南房総のビーチなど太平洋に向いている海岸は言うまでもなく素敵なので、ここでは元旦に特別開放される “施設”をご紹介。大パノラマとして有名な場所から意外な穴場まで、たっぷり6箇所をピックアップしました。元日だけ行われる特別イベントや早朝からの福袋販売なども必見! 初日の出のパワーを身体中で浴びて、2019年も良い年になりますように。

日本一早い銚子の初日の出! 「イオンモール銚子」

山頂や離島を除いて“日本一早い初日の出”と言われているのが、関東最東端の犬吠岬。「イオンモール銚子」はここから車で15分程度海沿いを南下したところにあります。交通規制がされ毎年混雑する犬吠岬に比べると渋滞も少なく、ゆとりを持って初日の出を鑑賞できるのが嬉しいところ。広大な敷地の平面駐車場は元日の朝5時半からオープン。開放された屋上で日の出を待つと、水平線からゆっくりと顔を出す太陽を拝むことができます。イオンモール銚子では、元日より約1万個の福袋を販売したり、大量を願う漁師が生んだ、江戸時代から銚子に伝わる「銚子はね太鼓」が披露されたりとイベントも盛りだくさん。日の出鑑賞後、7時から開店なので、そのまま温かい店内で食事や買い物を楽しんでください。

●イオンモール銚子
住所:千葉県銚子市三崎町2-2660-1
最寄駅:JR銚子駅から バス約10分
時間(元日):5:30〜平面駐車場開放、7:00~20:00(モール)、7:00~21:00(イオン直営店)
電話番号:0479-20-0400
HP:http://www.aeon.jp/sc/choshi/

ランドマークから街を一望「千葉ポートタワー」

「千葉ポートタワー」は国際貿易の窓口、千葉港にある千葉市内唯一の観光展望塔。タワー内には千葉県の特産品を扱ったポートショップや東京湾が一望できるレストランがあり、イベントやライブ、広場でフリーマーケットの開催など活気に満ちた千葉市のランドマーク的な存在です。2階(地上105m)と4階(地上113m)の展望室から、見晴らしのいい日には360度の大パノラマで東京湾や富士山が見渡せます。元日はご来光を鑑賞するため、なんと午前4時から開放する予定。房総大地の地平線から現れる初日の出は幻想的です。当日、高層階は先着200名のみ入場可能なので、状況次第で午前3時ごろから整理券が配られるそう。逃さないよう早めの行動を!

●千葉ポートタワー
住所:千葉県千葉市中央区中央港1丁目ポートパーク内
最寄駅:千葉都市モノレール、JR千葉みなと駅から 徒歩約12分
時間(元日):4:00~9:00(展望室入場は5:45〜8:30)
電話番号:043-241-0125
HP: http://chiba-porttower.com/

歴史と日の出の融合「千葉県立関宿城博物館」

埼玉と茨城の県境に位置する「千葉県立関宿城博物館」。利根川と江戸川に挟まれたスーパー堤防上に建設され、川の歴史と文化を探る博物館として河川流域の人々の生活の歴史を主に展示しています。展望室からは利根川から江戸川が分かれる分流点を確認することができ、空気の澄んだ日には関東一円の山々を見渡すことも可能。かつてこの地にあった関宿城を復元させたという外観は圧巻です。元日には毎年、博物館天守閣4階の展望室から初日の出を見るイベントが開催されていますが、事前予約制で既に定員に達したため、残念ながら2019年は受け付け終了してしまったそう。しかし周辺の公園やスーパー堤防上での鑑賞こそ醍醐味。お城のような博物館×初日の出という情緒たっぷりの写真が撮れるでしょう。

●千葉県立関宿城博物館
住所:千葉県野田市関宿三軒家143-4
最寄駅:東武線川間駅から バス約32分
時間(元日):6:30~7:30(2019年は満員につき入場不可)
電話番号:04-7196-1400
HP: http://www2.chiba-muse.or.jp/SEKIYADO/

抽選のみのレアスポット「アイ・リンクタウン展望施設」

市川市の「アイ・リンクタウン ザ・タワーズウエスト」45階にある展望施設は、地上150mから360度のパノラマビューで市内を見渡せる穴場スポット。天気が良ければ東京スカイツリーと富士山のツーショットや、筑波山や房総半島、東京湾も一望できます。また、日本の「夜景100選」に選出されたほどの素晴らしい夜景を誇り、愛好家やカップルにも大人気です。元日には初日の出イベントとして6時から施設を開放する予定。東側に観覧席として長椅子が設置され、腰掛けながらゆっくり鑑賞できるそうです。ただし市川市民限定の抽選となるため、参加できるのはとってもレア! 毎年11月頃抽選がスタートするので、市川市民の方は、来年以降ぜひ応募してみてください。

●アイ・リンクタウン展望施設
住所:千葉県市川市市川南1-10-1 ザ・タワーズウエスト45階
最寄駅:JR市川駅から 徒歩約1分
時間(元日):6:00~7:45(2019年分は抽選終了)
電話番号:047-322-9300
HP:http://www.city.ichikawa.lg.jp/eco04/1111000055.html

甘酒をサービス! 「道の駅鴨川オーシャンパーク 」

周辺に高い山や施設がないことから、ご来光スポットとして密かに人気を集めているのが「道の駅鴨川オーシャンパーク」。水平線から初日の出が昇っていく雄大な景色を満喫できます。敷地内に足湯も完備され、物産館には鴨川や南房総のお土産が多数揃い、朝採れ野菜の直売や持ち込みOKのBBQも受け付けている普段から人気の道の駅。新鮮な地魚料理や、鴨川産の夏みかんを使ったソフトクリームは絶品です。元日は6時に開店し、甘酒が振る舞われたり「餅投げ」が行われたりと大賑わい! 特製雑煮や特製弁当、福袋なども販売されて充実した新年の始まりを迎えられそうです。駐車場、お手洗い、休憩所は24時間利用可能で、例年31日の19時頃から満車になってしまうため早めの準備を。

●道の駅鴨川オーシャンパーク
住所:千葉県鴨川市江見太夫崎22
最寄駅:内房線江見駅から 車で約5分
時間(元日):6:00~17:00(駐車場は24時間)
電話番号:047-096-1911
HP: http://www.kamogawaocean-park.com

丸い地平線から昇る太陽「地球の丸く見える丘展望館」

北総地区で一番高い、標高約90メートルの愛宕山の頂上にある「地球の丸く見える丘展望館」は、その名の通り”地球の丸さ“を実感できる施設。水平線が一望できる贅沢な大パノラマはもちろんのこと、“東洋のドーバー”とも呼ばれる屏風ヶ浦に風力発電用の風車が連なる壮大な眺望も特徴的です。銚子の特産品を始めとするお土産コーナーが設置されていたり、景色の良い喫茶コーナーがあったり、ワークショップなど各種イベントが随時実施され、景色以外にも楽しめるポイントがたくさん。元日には5時半から施設をオープンし、8時からは銚子の伝統的な「はね太鼓」と獅子舞が登場し、盛り上げてくれます。駐車場は4時半頃には満車になってしまうそうなので、電車で向かってみてはいかがでしょうか。

●地球の丸く見える丘展望館
住所:千葉県銚子市天王台1421-1
最寄駅:銚子電鉄犬吠駅から 徒歩約15分
時間(元日):5:30~17:30(駐車場は24時間)
電話番号:0479-25-0930
HP: http://www.choshikanko.com/tenbokan/

一覧に戻る

TOP

住所
〒260-0031 千葉市中央区新千葉1-1-1 ペリエ千葉2F-3F
営業時間
10:00~22:00 日・祝10:00~21:00
※一部店舗により異なります