「発見!千葉編集部」

千葉でリトリート② 特別な日を贅沢に過ごす温泉旅館

  • 遊ぶ・体験する

手軽に行ける千葉県内の日帰りの温泉施設をご紹介した、前回の記事「千葉でリトリート①」に続いて、今回はゆっくりと過ごせるラグジュアリーな温泉宿をご紹介。温泉の多い千葉県内でも、特に気候も暖かく南国の雰囲気溢れる南房総方面には、記念日や特別な日に訪れたいワンランク上の温泉宿がいくつもあります。今回は、中でもモダンな雰囲気漂い、女性同士、カップル、親子など幅広く楽しんでいただける鋸南町のお宿「ゆうみ」をピックアップしました。全室オーシャンビュー、貸し切り風呂を5つ完備、地元で獲れた新鮮な海の幸を堪能できるなど、見どころが盛りだくさん。都会の喧騒からのエスケープに最適な温泉宿で、日々の疲れを癒してください

南房総の海を望む、ラグジュアリーな大人の温泉リゾート

2015年にオープンしたばかりの「ゆうみ」。内房の穏やかな海に面し、近くには鋸山もそびえ立つ、大自然に囲まれた千葉県鋸南町の温泉リゾートです。のどかな風景から一歩足を踏み入れると、そこには和と洋が絶妙に融合されたラグジュアリーなインテリアが広がります。潮風が心地いいテラスに通されたらウェルカムドリンクでおもてなし。ほとんどプライベートビーチのようなロケーションに佇むその姿は知る人ぞ知る「大人の隠れ家」という雰囲気です。昼間には青くキラキラと光る水平線が望めて、夕方には海に落ちていく夕陽が目の前で見られる絶好のポイント。都内から電車で1時間30分程度とアクセスも非常に良く、近場でのちょっと贅沢な温泉旅におすすめです。

湧き出る安房の天然温泉を、5つの貸し切り風呂で満喫

「ゆうみ」では、お部屋に付いているお風呂も含めて、すべてのお風呂(3F露天風呂付きプレミアム客室の内湯以外)が安房温泉を使用。肌にまとわりつくようなしっとりした質感を感じてください。どなたでも利用できる男女別の大浴場の他に、予約制の貸し切り風呂が5つも完備されています。写真は無料の貸し切り風呂「岬」。湯船に深く身体を沈めると、湯面と水平線が重なって見えるよう空間設計された芸術的な半露天風呂です。他にも、海を眺めながらライトアップされる湯船で疲れを癒す名物のジャグジーバス「海」(有料)や、寝湯スペースが自慢の露天風呂「渚」、温かみのある御影石で造られた「月」、柔らかな間接照明でプライベートな時間を楽しめる「誼」など、個性豊かな貸し切り風呂が揃います。

全室オーシャンビューの客室。海を眺める静かな夜を

客室は、全室が海側を向いたオーシャンビューという贅沢なつくり。どのお部屋にも大きな窓が設置され、開放的なパノラマが広がります。和と洋のテイストを組み合わせたスタンダードなお部屋から、露天風呂付きのプレミアムなお部屋まで様々なタイプが揃うのも「ゆうみ」の良さ。スタンダードな客室は洗練されたシンプルモダンな洋室、畳の温もりを感じる和室、ハイブリッドな和洋室と、それぞれのニーズに合わせて部屋が選べます。露天風呂付きの客室では、波音を聞きながら、美肌の湯として有名な安房の天然温泉をゆっくり堪能。手足を伸ばしても余るほどの大きな浴槽は、贅沢なステイにさらなる満足感を与えてくれます。美しい景色を五感で感じられる客室が実現しました。

新鮮な地魚は、館主自ら漁港で買い付ける

千葉県鋸南沿岸は、栄養分が豊富な黒潮と東京湾の海水が混じり合う、漁に最適な環境です。年間を通して種類豊富で良質な魚が水揚げされるからこそ、同宿で提供される魚料理は格別。宿の大きなこだわりは、“魚の仕入れは必ず館主が行う”こと。近隣の漁港で入札権を持っているため、館主が毎朝漁港に出向き、その日その日の採れたての魚を直接買い付けることができるのです。中でも名物は、地元勝山と保田の定置網で上がる、厳選された地魚を使用したお造り。新鮮な地元の海の幸を堪能してください。夕食と朝食は、一部の席から海が臨める併設のダイニング「UMI」でいただけます。半個室の席もしっかり用意されているので、プライベート且つロマンチックな空間を楽しむことができます。

女性に優しいサービスや設備が盛りだくさん

モダンな装いの中にも和の温もりや心意気が詰まった「ゆうみ」では、女性限定で浴衣を選ぶことができる嬉しいサービスも実施。いずれもセンスの良い色や柄で、洗練された大人の女性のためのラインナップとなっています。また、館内には本格的なスパも併設。オイルマッサージやアロマトリートメント、全身からヘッドスパまで、豊富なコースメニューから身体の疲れを癒し、肌を整えます。特に力を入れているのは「ハンケア」という東洋医学をベースに皮膚免疫学と筋肉運動療法を取り入れた独自のフェイシャルケアシステム。日本で受けられるのはここと青山のサロンのみなので、ぜひ試してみては。大浴場や客室のアメニティも充実。女性に優しいホスピタリティがつまっているお宿です。

館内でもゆっくり過ごせるよう、随所に仕掛けが

館内には、外に出なくても一日中楽しめるようフリースペースを充実させています。3階にあるラウンジでは、雑誌や書籍、フリードリンクが用意され、ゆったりと過ごせる空間を設置。24時間利用できるので、朝、夕の湯上りに海を眺めながら落ち着いた読書タイムも楽しめます。本棚のセレクションも定期的に更新し最新のものを揃えているとのこと。また、2階のラウンジにはBARカウンターが備えられていて、オリジナルカクテルやドリンクをサーブ。その横にはテラスラウンジがあるので、グラスを傾けながらリゾート気分を満喫するのもいいかもしれません。それでも時間が余ったら、鋸山へのハイキングや、遊覧船への乗船、いちご狩りなど鋸南の海や山へ自然を感じる散策に出かけるのもオススメです

●ビーチサイド温泉リゾート ゆうみ
住所:千葉県鋸南町元名442
電話番号:0470-55-0123
URL:https://awa-umi.com

photography:Pak Ok Sun(CUBE)

一覧に戻る

TOP

住所
〒260-0031 千葉市中央区新千葉1-1-1 ペリエ千葉2F-3F
営業時間
10:00~22:00 日・祝10:00~21:00
※一部店舗により異なります