「発見!千葉編集部」

千葉はパンが美味いというウワサは本当だった! 今行くべきベーカリー5店

  • 食べる

地元の人に愛される小さなお店から間違いないメジャーな店舗まで、千葉県内にはオリジナリティ溢れるベーカリーが多数あります。その中でもパン好きの間では欠かせないお店がいくつか存在するとのウワサを聞きつけました。さらにはパン好きのためのイベントまで定期的に開催されているとか。「実は千葉、パンが美味しい県なのでは?」そんな疑問を解決するべく、この企画を立ち上げることに。“朝食は毎日パンでOK“な大のパン好き筆者が、本当に美味しいパンを販売するベーカリーを見つけるべく、千葉県内を旅してきました。この感動的な美味しさにぜひ会いに行ってほしいと思えた、5店舗と素敵なパンフェスをご紹介します。

おしゃれなベーカリーが多数出店! パンの祭典「パンガナイト」

千葉県内で定期的に行われているパンフェス、その名も「房総パンフェス パンガナイト」。千葉の美味しいパン屋さんが大多喜ハーブガーデンや茂原公園などに集結し、パンの食べ比べをしたり、製法の違いの説明が聞けたりする交流型のイベントです。パンだけでなくコーヒーやアルコール、スウィーツやフード、雑貨の販売も実施され、平均して30〜40店舗ほど出店。会場内のステージではアーティストのライブも行われ、のんびりと気持ちのいい空間ができあがっています。パンを通じて人々との交流が生まれる場。次の開催情報はこちらにUPされるので随時チェックしてみてください。(https://www.facebook.com/panganight/

photography:panganight

メロンパン1日の販売個数で世界記録を保持!「ピーターパン」

ピーターパンは県内に7店舗を構え、千葉を代表するベーカリーのひとつ。常に季節の新商品が登場するので、飽きがこない活気のあるお店です。有名な「元気印のメロンパン」は、1日の売り上げ9,749個という驚異的な数字を叩き出した商品。外はサクッと焦がしバター風味、中は綿菓子のようにフワッとしていて、1人で何個でも食べられてしまいそうなほどの軽さに驚かされます。人気2位の「塩バターロール」はチベット産の岩塩を使用した、コクと深みのあるおいしさ。3位の「コクうまカレーパン」は10種の香味野菜入りの濃厚なルーがサクサクの衣に絡む絶品です。奏の杜店のみ、パンや中身が選べる「オーダーサンド」も実施。出来立てをテラス席でいただけます。

●ピーターパン 奏の杜店
営業時間:7:00〜20:00
定休日:木曜
住所:千葉県習志野市奏の杜 2-4-11
最寄駅:京成電鉄谷津駅から徒歩12分
電話番号:047-403-2201
HP:http://peaterpan.com

photography:Pak Ok Sun(CUBE)

きめ細やかで“リッチ”な食パンに出会いたいなら「KONATE」

海へと続く国道128号線沿いにふと現れる小さなパン屋さん、コナテ。こぢんまりとしながらも洗練された店内には食事系からデザート系までまんべんなく20種類ほどのKONATE定番ラインナップが並びます。筆者のおすすめであり、人気No.1は食パンの「KONATE リッチ」。何がリッチかと言うと、“きめ細かい”という言葉がぴったりと当てはまる繊細で柔らかいその食感と、ほんのり口の中に広がる優しい甘さ。その秘密はふんだんに使われた生クリームと卵、そして「70% 中種法」という特殊な製法にありました。この製法は劣化にも強く、冷凍庫に入れて解凍しても味があまり落ちないとか。何もつけずにそのまま食べるのをおすすめしたい、贅沢な逸品です。

●KONATE(コナテ)
営業時間:10:30〜売り切れまで
定休日:日曜、隔週月曜
住所:千葉県いすみ市岬町和泉3088-4
最寄駅:JR太東駅から 車7分
電話番号:0470-87-8383
HP:https://ameblo.jp/51031105/

photography:Pak Ok Sun(CUBE)

ヴィーガンでも安心。心と身体に優しい「三井製パンCafe&Garden」

今年の4月に都内から移住したご夫婦がカフェとともに経営する三井製パン。“挽きたて”にこだわり、毎日玄麦を石臼で擦って全粒粉を作るところから1日がスタートします。店主おすすめのフォカッチャは千葉の無農薬農家「サンバファーム」の旬な野菜をふんだんに使用。日ごとに採れた野菜次第でメニューが変わるので二度と同じフォカッチャは食べられない、という一期一会的なシステム。さらにすべてのパンが卵、バター、牛乳を使用せずに作っているので、ヴィーガンやアレルギーの方も安心していただけます。奥様を講師としてヨガとアーユルヴェーダのクラスや、スパイスを使用したカレー教室なども実施。多角的に“カラダにいいもの”を取り入れることができる新たなスポットです。


●三井製パンCafe&Garden
営業時間: 8:00~16:00(土、日)、11:00~16:00(月、木、金)
※パンがなくなり次第終了
定休日:火曜、水曜
住所:千葉県大網白里市季美の森南3-3-6
最寄駅:JR大網駅から 車7分
電話番号:047-577-8885
HP:http://www.102aoki.com

photography:Pak Ok Sun(CUBE)

行列必須! 300種の多国籍パンから必ずお気に入りが見つかる「Zopf」

松戸市の住宅街に突如として現れる行列。正体は、パン好きなら一度は訪れたことがあると言っても過言ではない超有名ベーカリーツオップ。パンは多国籍で、1日に250種類以上を焼いているため“必ずお気に入りのパンが見つかる”というのがコンセプトです。それだけの種類を保持しながらもひとつひとつのパンのクオリティは驚くほど高く、すべてが唸るほど美味しい。小さな店内は常にお客様がひしめき合い、それに負けじとパン職人たちも次々とパンを焼く様子は圧巻です。2階はアンティーク調のインテリアの中でパン屋お料理がいただけるカフェとなっています。わざわざ遠方から足を運ぶ価値のある、マスト・ベーカリー。

●Zopf(ツオップ)
営業時間: 6:30~18:00(パン店)、7:00~17:30(カフェ)
※冬季夏季休業を除く
定休日:年内無休(パン店)、水曜(カフェ)
※12月13日(水)、20日(水)はカフェ営業あり
住所:千葉県松戸市小金原2-14-3
最寄駅:JR北小金駅から 車10分
電話番号:047-343-3003
HP:http://zopf.jp

photography:Pak Ok Sun(CUBE)

素材のシンプルなおいしさを楽しみたい「boulangerie dodo」

ブーランジュリー ドドはこぢんまりと可愛い店構えに無理のない数のパンがラインナップした、地元の人々に愛されるお店。稲毛出身の女性オーナー曰く、「特別な材料を使って高価なパンを作るのではなく、手に入りやすい材料でシンプルに美味しいパンづくり」を目標にしているのだそう。人気の「米粉パン」は加水率を高くし1時間程かけてじっくりと生地をつくるため、噛み応えのあるモチモチとした食感に。お餅のような米の甘みが感じられるので、食事に合わせてそのまま食べたいひと品です。また、地元の「堀江畳店」とコラボし天然の食用い草を使って作った「たたみパン」も名物のひとつ。ほっこりと優しい気持ちになれるパン屋さんです。

●boulangerie dodo (ブーランジュリー ドド)
営業時間: 11:00~18:00
※売り切れ次第終了
定休日:日曜、月曜、毎月第1火曜
住所:千葉県千葉市稲毛区黒砂1-14-5
最寄駅:京成千葉線みどり台駅から 徒歩5分
電話番号:050-1075-9654
HP:https://m.facebook.com/Boulangeriedodo

photography:Pak Ok Sun(CUBE)

一覧に戻る

TOP

住所
〒260-0031 千葉市中央区新千葉1-1-1 ペリエ千葉2F-3F
営業時間
10:00~22:00 日・祝10:00~21:00
※一部店舗により異なります