「発見!千葉編集部」

サーフィンの聖地、九十九里で素敵なサーファーガールになろう!

  • 見る 買う 遊ぶ・体験する

太平洋に面している九十九里浜は日本屈指のサーフポイント数と波数を誇り、“サーファーのメッカ”と呼ばれるほど。海沿いに立ち並ぶたくさんのサーフショップは、そのほとんどがスクールを実施しているため、ビギナーに優しい環境が整っているのです。2020年のオリンピックから初めて正式種目となったサーフィン、九十九里の釣ヶ崎海岸での開催が決定したこともあり、ますます盛り上がりを見せている今年。自然と触れ合えるヘルシーなスポーツをこれから始めたいと思っている女性に向けた、簡単なスターターガイドをご紹介します。実は秋がサーフィンの始めどきとういうところもポイント!

素敵なサーファーガールになるための5つのTIPS

キュートなサーファーガールを目指すなら! 心に留めておいてほしい5つの事柄がこちら。

1 海ではいつでも笑顔で
波にうまく乗れないときや嫌なことがあった日も、「海と触れ合えている」ということを幸せに思わなくっちゃ! 笑顔でハッピーオーラが溢れているサーファーは男女問わず素敵です。

2 自然と動物への愛
大好きな海、そしてそこに生きる生物への愛情を常に持っていてください。きっと、日常生活でも彼らのことを想って、手に取るもの、身につけるもの、口にするものが変わってきます。

3 お気に入りのスイムウエアに出会う
自分の身体を美しく見せてくれて、着るだけでテンションが上がるスイムウエアと出会えたなら最高です。お気に入りのアイテムが、海の中でのパフォーマンスも向上させるでしょう。

4 お手本にしたいサーファーガールを見つける
身近な人でも、トッププロでも構いません。ライディングスタイルや纏う雰囲気、ボードチョイス。自分のミューズに出会うことができれば、おのずと自身のサーフスタイルも確立するはず。

5 上達のために努力をする
波にひとりで乗れないのに「サーフィンやってます」はかなり格好悪い。波に乗れない悔しさや、ゲッティングアウトできないつらさを努力で乗り越えたサーファーガールこそ美しい!

今がベストシーズン!? サーフィンをスタートするのに秋が最適なワケ

サーフィンの始めどきは一番海が気持ちいい夏と思われがち。たしかに夏の海は最高に気持ちいいけれど、その分とっても混雑していてトラブルも多いのです。だから夏が終わり人が減った頃を狙って、ウェットスーツも軽いうちにスタート。秋は気温も水温も快適で、さらに台風シーズンということもあり波のコンディションも抜群。また、晴れの日が多く海から見る空がものすごく綺麗です。そして数ヶ月経ち少しサーフィンができるようになった時、冬を迎えます。冬の九十九里は寒いけれど波がよく、練習にはもってこいのシチュエーション。春を迎えた時には、驚くほど成長しているなんてこともあるかも!?

これだけ揃えれば大丈夫。サーフィンスタートに必要なアイテム&ギア

サーフィンをスタートする際、最低限のマストアイテムをご紹介します。
●ウェットスーツ
秋に始めるのであればウェットスーツが必要。どんなものを購入すればいいのかは、下記を参照してみてください。
●ウォータープルーフの日焼け止め
紫外線を直に受けるため、防水で落ちにくいものを。可能な限りオーガニック製品で肌や環境への配慮も忘れずに。
●サーフボード
早めにサーフボードをゲットしましょう。マイボードを手にした瞬間、やる気が湧き上達も早くなります。
●リーシュ
サーフボードと自分の足をつなぐ紐のような役割をするギア。海でボードを流さないようにするための道具です。
●ワックス
サーフィン中に滑らないようボードに塗ります。九十九里のコンビニでも売っているほどのマストアイテム。


商品クレジット
サンダル ¥2,268(dupe)、ウェットスーツ ロングスプリング ¥64,800(KASSIA + SURF )、ビキニトップ ¥8,100、ビキニボトム ¥9,180(共にKPS)、日焼け止め¥1,547(Nature’s Gate)、ワックス¥260(SEX WAX)/すべてYRにて取り扱い

海に入る前に覚えておきたい、サーフィンのルールやマナー

サーフィンには、安全面やモラルの観点から、様々なルールがあります。最初はよくわからないことも多いと思いますが、最低限のことさえ守っていればあとはやっているうちに身についてくるので安心してください。
●ピーク優先、ワンマンウェイブ
ひとつの波に乗るのは原則ひとりと決まっています。それもピーク(波が一番初めに崩れる場所)にいる人が優先。
●前乗り禁止
誰かがすでに乗っている波に乗ることはNG。それが進行方向だった場合、サーフィン界では最も罪な行為です。
●ビジターとしての謙虚な気持ち
ポイントを昔から守ってきたローカルサーファー。そんな彼らを差し置いて波をガツガツ取ろうとしないように。
●ゴミを持ち帰る、拾う
サーファーなら身近な存在の海、自然、生物への感謝の気持ちを持っていてほしいもの。ビーチクリーンに協力を。

いろいろ種類があるウェットスーツ、はじめはどんなものがいい?

ウェットスーツは気温・水温に合わせて快適なサーフィンを行うための大切なギア。だから季節によってその種類は様々。例えば夏の朝夕は、水着にジャケットタイプの『タッパー』(写真左)を羽織ります。それよりやや肌寒い初夏や初秋は長袖半裾の『ロングスプリング』(写真中央)。しかし初めて購入するウェットスーツは、全身がカバーされる『フルスーツ』(写真右)がオススメです。なぜなら、真夏と真冬以外はこれ1枚で乗り切れる、使い勝手のいいウェットだから。それから徐々に他の季節のウェットスーツを揃えていく、それもサーフィンの楽しみのひとつになります。

九十九里でスクールを実施しているスタイリッシュなサーフショップ

波の比較的穏やかな太東海岸から徒歩2分に位置する『YR(ワイアール)』。数ある九十九里のサーフショップの中でもひときわスタイリッシュで、穏やかな雰囲気がそっくりな瀬筒良子、雄太プロ夫妻が笑顔で迎えてくれます。2人は世界にも認められているスタイルロングボーダー。その優雅なライディングはもちろん、シンプルなライフスタイル、人を笑顔にするホスピタリティは海でも陸でも見ていて気持ちがいいです。そんな雄太プロのビギナー向けロングボードのクラスは春〜秋までの期間毎日実施。優しく、ときに哲学的なコーチングが好評です。ショップではサーフボードとウェットスーツのオーダーも可能です。

ショップ情報:
YR(ワイアール)
千葉県いすみ市岬町中原103-4
0470-87-7982
10:00〜17:00
info@hello-yr.com

スクール情報:
4月〜10月までの受付
¥6,000/1人(ボード、ウェットレンタル込み)
9:00〜12:00(AMクラス)、13:00〜16:00(PMクラス)の2部制
前日18:00までにTELまたはEメールにて要予約

クレジット
photography:Pak Ok Sun(CUBE)

一覧に戻る

TOP

住所
〒260-0031 千葉市中央区新千葉1-1-1 ペリエ千葉2F-3F
営業時間
10:00~22:00 日・祝10:00~21:00
※一部店舗により異なります