「発見!千葉編集部」

  • 遊ぶ・体験する

2018.11.05

大人の秘密基地「THE CHIKURA UMI BASE CAMP」

空前のキャンプブームが続く昨今、また今年、新たに千葉県内にユニークなキャンプ施設が誕生しました! それが千葉県南房総市千倉の「THE CHIKURA UMI BASE CAMP」。洗練されたデザインと唯一無二のコンセプトで注目を浴びています。同施設では自然豊かな南房総の土地を活かし、海や山のアクティビティも推奨。ビーチでヨガはもちろん、海辺の歩道はランニングやウォーキングに最適、目の前の海はサーフポイントとなっていて、外シャワーもばっちり完備されています。家族や友人と自然を感じながら丸1日贅沢に過ごせる環境が整っているのです。寒い季節でも快適に過ごせる設備やコンテンツが盛りだくさんなので、この冬はちょっと贅沢なベースキャンプを体験してみてください。
  • 遊ぶ・体験する

2018.11.05

トロッコ列車で、千葉の里山風景を感じる旅

今年で創立101年を迎えた「小湊鉄道」。歴史ある駅舎の造りや今なお現役で運行するレトロな車両が、鉄道マニアのみならず旅行客にも人気です。単なる移動手段というよりも、列車に乗ること自体を楽しむために乗車するお客さんも多く持つ同鉄道では、2015年、大正時代に活躍したトロッコ列車の復刻版の運行を開始しました。もしかすると「鉄道」と聞いただけで、自分とは縁のないもの、と敬遠してしまう方もいるかもしれません。しかし小湊鉄道のトロッコ列車は老若男女すべての人々の心をつかむ魅力と仕掛けがたくさんつまっており、千葉の良さを感じられる最上級のエンターテインメントと言っても過言ではないくらい。ぜひこの爽快感を乗車して体験してみてください。
  • 遊ぶ・体験する

2018.10.01

南房総、絶景サイクリングの旅

今、アクティビティのひとつとして人気を呼んでいるサイクリング。千葉県でも日帰りや泊まりでのツーリングが盛んに行われています。高低差が少ない地形のため走りやすく、海沿いの道路が多く気持ちがいいことや、道の駅などの休憩スポットも点在していることが人気のポイント。中でも南房総は1年を通して温暖な気候かつ、見通しの良い通りが長く続くと愛好家に評判なのです。街をあげてサイクリングを応援している館山市の協力のもと、南房総の絶景スポットやおすすめルートをいくつかご紹介します。10月に行われるサイクリングイベントにも注目。1年のうち1番過ごしやすい気候のこの時期、千葉の潮風をたっぷり感じながら身体を動かしませんか?
  • 買う

2018.10.01

1930年から続く家族経営のワイナリー「斉藤ぶどう園」

千葉県内には日本酒の酒蔵が点在し、全国的に有名な銘柄も少なくありません。(詳しくはバックナンバー「千葉県特産の日本酒を知る、味わう、楽しむ」をチェック!)しかし、こんなにも広大な土地があり、気候も悪くないのに、そういえばワイナリーの話をあまり聞いたことながなかったかも……そう思って調べてみると、戦前から続くという伝説のワイナリーが千葉県山武郡にあることがわかりました。「齊藤ぶどう園」は1930年に創業し、1938年より酒造りを始めた、ファミリー経営のぶどう園兼ワイナリーです。オーナーは2代目の齊藤貞夫さん。御年83歳、今も自身の作ったワインを毎晩飲んでいるそう。農園を訪れ、お孫さんで4代目である齊藤雅子さんにお話をうかがいました。

TOP

住所
〒260-0031 千葉市中央区新千葉1-1-1 ペリエ千葉2F-3F
営業時間
10:00~22:00 日・祝10:00~21:00
※一部店舗により異なります