「千葉暮らしの旬情報」curator

オグラ シュウイチ
小倉 秀一
株式会社いまでや 社長

1961年千葉生まれ。趣味はサーフィン。
1984年に家業である株式会社いまでや(http://www.imadeya.co.jp/)を引き継ぐ。現在千葉を中心に3店のお店を展開中。
全国を廻り、日本文化の和酒の発掘・販売・世界のワインの直輸入販売を業務としています。
食文化のある飲食店の方々にもお世話になり、食と酒のマリアージュの楽しさの啓蒙活動にも取り組んでます。

ブログBlog

石川の伝統蔵訪問 2018.02.03

先日、フランス輸出において日本酒&本格焼酎のパートナーである、アドリエンヌさん&南フランス・アルルのミシュラン星付きレストラン『La Chassagnette』アルマンシェフらと共に、石川県『菊姫』さんを訪問!
27332240_1674618209270093_7598873412069224684_n.jpg
『菊姫』さんのブレない造りの姿勢は、私自身原点回帰の気持ちになります。

5度にて管理された巨大な瓶熟成冷蔵庫の中は、まさに宝の山!!
27337117_1674618319270082_3637049172092581765_n.jpg
強い麹と特A地区産 山田錦で醸された美酒は、じっくりと熟成され、時の経過をそのまま体感できる潜在パワーに溢れています。
27336599_1674618415936739_8374832176461095113_n.jpg
どちらかというと日本酒は毎年味わいが均一になるよう努力し醸されていますが、本来はその年の気候による米の成分状態や発酵の状況により味わいが違って当然。また米が持っているポテンシャルによっても、瓶詰後・開栓後の味の広がり方も違います。
蔵元によっては理想としている酒質を求め、瓶詰後あえて半年~1年寝かせてから出荷することもあるのです。

弊社も昨年、日本酒熟成に取り組むため本社倉庫内に【熟成庫】を建設しました。入荷したお酒から今後の熟成が楽しみなお酒をセレクトし、0~5度の熟成庫にて貯蔵しています。
IMG_3621.JPG
熟成によって丸みを帯び、円熟感溢れるお酒であったり、ワインで言うところの「枯れた味わい」のお酒、きっと様々な姿を見せてくれるであろうと、未知の可能性へ挑戦をすることにしました。
IMG_3616.JPG
『ヴィンテージ酒』が日本酒カテゴリの一つなり、未知の熟成=付加価値を一人でも多くのお客様に体感していただけるよう、しっかりと表現していきます!

ブログBlog

北海道・蔵訪問 2018.01.24

今年も精力的に蔵回り!
羊蹄山の麓、倶知安町にて『二世古』を醸す二世古酒造さんへ行ってきました。

26904638_1662651833800064_5215309341945233808_n.jpg

12年前に蔵元に戻り、酒造り10年目を迎える蔵元杜氏・水口 渉杜氏によって醸される酒は、酸を活かした食中酒を目指しています。

26907530_1662651900466724_3452486356814349444_n.jpg

仕込水は、羊蹄山の湧水の軟水、そして酒造米は北海道の注目酒造好適米『彗星』(道南エリア)『吟風』『きたしずく』

蔵元が抱えている設備投資・改善余地は、未だ改善は必要かと思いますが、北海道の大地から醸される酒を応援していきたいと思います!

26903992_1662651837133397_8241630153430360256_n.jpg

近々に入荷しますので、皆さまお楽しみに(╹◡╹)

ブログBlog

2018年も躍動します! 2018.01.16

弊社は昨年、創業55年を迎えました。

今日まで弊社の屋台骨であるB to B部門、日本最大のマーケットである東京の中心、銀座という地で挑戦できるチャンスをいただいた「IMADEYA GINZA」含む実店舗3店・直営飲食店「蔵葡」・ECサイト「IMADAY」などのB to C部門、全部門のステージが整った今、それぞれのステージをどう創り上げ、表現し続けていくのか。

ひたむきに挑戦し続けるチームいまでやを目指し、進取果敢に取り組んでまいります。

26165151_1642125942519320_4159209717191818335_n.jpg

2018年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

ブログBlog

輸出パートナーと蔵元巡り 2017.12.07

弊社では、カナダやシンガポール・フランスなどに向けて、日本酒&本格乙焼酎の輸出コーディネートをおこなっています。
蔵元と共に各国のディストリビューター向けに酒セミナーをおこなったり、イベント開催、市場視察など定期的に現地を訪れ、その国の文化に触れると共に、日本酒の啓蒙活動を精力的に実施。
ここ数年、冬の恒例となっているのが、ディストリビューターの来日です。
実際に各地を回り、酒造りを見聞きし、造り手の思いをしっかりと受け止め今後に活かす。とても重要な時間。

今週カナダの輸出パートナーが来日し、全国の日本酒蔵を回っています。

24862080_1616672295064685_2933121197582651171_n.jpg
福井県「黒龍」黒龍酒造

24301265_1616672408398007_5948839295364012320_n.jpg
蔵内を見るだけでなく、その土地ならではの食文化を知ることも大切。なぜその味わいのお酒が出来たのか、食と密接に関係している事も多く、またペアリングの経験値を上げる事で現地で伝えられることも広がります。

24301097_1617587758306472_4719841643257704673_n.jpg
福岡県「庭の鶯」山口酒造場

24852421_1617588064973108_7296541911887822633_n.jpg
訪問する蔵では必ずテイスティング。日本酒もワイン同様その年に収穫した米の性質によって味わいが変わります。
「その蔵のその年の味」を舌と脳にしっかりと記憶させるように慎重にテイスティングしていきます。

24852232_1618638671534714_3373698271426660088_n.jpg
山口県「貴」永山酒造場

24775060_1618638618201386_1536996583569749161_n.jpg
絶品のヴィンテージ酒。

今週いっぱいまで続くパートナーとの蔵元巡り。
体力・気力を振り絞って走り抜きます(;^_^A

TOP

住所
〒260-0031 千葉市中央区新千葉1-1-1 ペリエ千葉2F-3F
営業時間
10:00~22:00 日・祝10:00~21:00
※一部店舗により異なります