「発見!千葉編集部」

  • 見る

2018.01.11

千葉県の急上昇ワード、「チバニアン」ってなんだ?

巷で話題の「チバニアン」、一度は耳にしたことがあるのでは。これは千葉県市原市田淵、養老川沿いにある約77万年前の地磁気逆転地層「千葉セクション」が、地球の時代区分の国際標準地に選定される可能性が高まってきているというニュース。千葉県内のみならず、日本中、いや世界中が注目しているのです。これによって千葉セクションは今、観光客や報道陣で大にぎわい。まだ審査の第1段階を通過したところですが、正式決定した場合には大変な混雑が予想されます。訪れるなら今のうち! ここでは市原市役所ふるさと文化課の牧野さんにお話をうかがいながら、「チバニアン」についてわかりやすく解説します。地球史のロマンを、千葉に感じに来てください。
  • 遊ぶ・体験する

2018.01.11

「千葉でリトリート」① 冬に訪れたい癒しの日帰り温泉施設

千葉県が日本屈指の温泉地のひとつであるということ、ご存知でしたか? 銚子、九十九里、勝浦、御宿、養老、鴨川、白浜、千倉、館山など北総から南房総まで、実に200以上もの温泉があるのです。それぞれ泉質が異なり、もちろんロケーションも様々。四季折々の自然を感じられる山奥から海を一望できるところまで、その土地の特徴を生かした多彩な温泉施設が存在します。ここではさくっと訪れられる、千葉の日帰り可能な温泉施設をピックアップ。本格的な温泉施設から最新のスーパー銭湯まで、3つの施設を紹介します。スポーツでかいた汗を流すもよし、房総の食を堪能する旅の帰りに寄るもよし、シンプルに温泉めぐりもおすすめ。これぞ、冬の千葉の楽しみ方です。
  • 買う 遊ぶ・体験する

2017.12.04

冬こそ緑を飾る。ボタニカルな部屋づくりにチャレンジ

最近、多くの植物をインテリアとして取り入れた、いわゆるボタニカルなカフェやオフィス、ルームアレンジへの人気が高まっています。選び方や配置する際のちょっとしたルールさえ学べば、普段過ごす場所がワンランク上のリラックススペースに早変わり。自然界から緑が減ってしまう冬の時期こそ、お部屋の中には植物をたくさん取り入れて、暖かい雰囲気を演出してみませんか。今回は成田市にあるボタニカルショップ「Breed」のオーナー、高橋さんに監修をお願いして、緑たっぷりの部屋づくりにチャレンジしました。リビング、壁、テーブル、バスルームの4箇所を切り取り、冬におすすめの植物やレイアウトのポイントをご紹介。
  • 遊ぶ・体験する

2017.12.04

手ぶらで冬のグランピング! 大多喜の穴場「プライベートガーデン」へ

空前のキャンプブームを迎えている昨今、特に女性に人気の “グランピング”をピックアップ。グランピングとは“グラマラス”と“キャンピング”を合体させた造語で、快適、清潔かつラグジュアリーにアウトドアを楽しめる新しいキャンピングスタイルのこと。自然に囲まれた場所でありながらテント内にはベッドやソファが配置され、ゆっくりつかれるお風呂が完備されていたり、食器や食材が一式揃っていることも珍しくありません。準備いらずで手軽に楽しめるのもグランピングのメリットなのです。自然の多い千葉県内にある多くのキャンプ場の中から、今回は大多喜の「プライベートガーデン」をご紹介。冬場のアウトドアを快適にするグランピングの魅力に触れてください。

TOP

住所
〒260-0031 千葉市中央区新千葉1-1-1 ペリエ千葉2F-3F
営業時間
10:00~22:00 日・祝10:00~21:00
※一部店舗により異なります