「千葉暮らしの旬情報」curator

ノウギョウジョシ
千葉県の農業女子プロジェクトメンバー
農業女子プロジェクトメンバー
https://nougyoujoshi.maff.go.jp/

千葉県の農業女子プロジェクトメンバーの溝口優子さん、中井結未依さん、青木昭子さん、岩立友紀子さんから農業の魅力を発信します!皆さん野菜の生産だけでなく、農家ヨガ、バラの学校、エディブルフラワー、農コンなど他方面で活躍中!

※「農業女子プロジェクト」
女性農業者の知恵を様々な企業の技術などと結びつけ、新たな商品やサービス、情報を創造し、社会に広く発信していくための農林水産省が推進するプロジェクトです。
参加しているメンバー数は千葉県が最大。

ブログBlog

岩立:千葉県柏市の農業女子の岩立友紀子です(^^) 2018.10.25

DSC02005.JPG

はじめまして!

千葉県柏市の農業女子の岩立友紀子です(^^)

突然ですが私は今なめこのお味噌汁にはまっています笑

しかしなめこってどうやって生産されているんでしょうね!?

しいたけは見たことあるけどなめこは見たことがない!!

あんなヌルヌルなのどうやって栽培してるの!?

どうやって袋詰めしてるの!?

気になる!!

(ついでにえのきも見たことない!!あんな細いのどうやって栽培してるの!?笑)

なめこのパッケージを見たら新潟県で生産されているとのこと。

農家歴8年目の私でも農業系で知らないことはまだまだあるんだなぁ〜と実感。

この記事を読んでいるなめこ農家さん、見学に行かせてくださいー!!笑

お願いします。

なめこ、大好きなんです(笑)

さて、前置きが長くなりましたが、そんな「生産の現場」ってなかなか訪れる機会ってありませんよね。

うちは千葉県柏市でチンゲン菜をメインに、他旬の野菜を年間30品目ほど作っている農家なのですが、たまに「本気の農業体験イベント」を開催しています!!

その名も「女子de畑」!

え?

ネーミングセンスがない?

そりゃー私がやっているので仕方ないですよ。

泥臭い人間ですから。笑

しかし名前の通り女子限定。

(男子ごめんなさい。男子は援農という形で受け入れ可能ですm(__)m)

次回は2018年11月4日に開催します〜♪

参加費1000円とリーズナブル♪

その日とれたての新鮮野菜も販売できますので、奇跡のチンゲン菜(注:自称)生で食べられる「サラダチンゲン菜」もなんとお値打ち価格の税込100円で販売します!!

ご参加ご希望の方はこちらのフォーマットからお申し込みお願いします〜♪

https://goo.gl/forms/dptdq5TQKlSfb2rp1

収穫体験でわーい♪とキャピキャピするやつではなく、普段の農家がしている作業を体験してもらいます。

でも今時期はそんなにしんどい作業はないのでお気軽に♪

3月までチバコトラボに登場しますので今後ともよろしくお願いいたします!

ブログBlog

中井:農家になる前の前。 2018.10.22

こんにちは。

チバコトラボ キュレーターの

中井 結未衣です。

もともと社会人になったころは

経理課のOLをしてました。

部屋に遊びに来たともだちに言われた

「お花くらい飾ったら?」ひとことで

フラワースクールに入学。

基礎クラスから中級クラスへ、

あれよあれよと 花との時間が楽しくて

プロクラスまで受講。

フランス人 フランソワ先生に学ぶうちに、

気が付けば

レストランウエディングのお仕事を引き受けるようになりました。

第1回ー2.jpg(郷ひろみさんプロデュースのレストランウエディングにて)

ほかにも、

バーにお花を生けにいったり

第1回-1.jpg

OLと二足のわらじを

両立させていたとき、

大手通販会社から1本の電話が。

「あなたの商品を卸してください」

その数 なんと2万個!

到底ひとりでこなせる量ではありません。

ここから

経営者人生がはじまりました。

(つづく)

今日もお読みいただき

ありがとうございました♪

ブログBlog

青木:天使の羽みたいな可愛い野菜、しかくまめ 2018.10.18

こんにちは、農園タロとあき あきです。
関東では秋のこの時期、旬をむかえるしかくまめ、ご存知でしょうか?

しかくまめ、ウイングビーンズ、うりずんなどと、呼び方は様々。

天使の葉ねみたいな可愛いかたちです。

20180909_142701-1.jpg

切った断面はしかく、というよりX!って感じです・・・
20180909_142655-1.jpg

花も可愛いんですよ~

2018-08-23_10.32.27.jpg

個人的にはこの可愛い花をみたくて毎年育てています♪
エディブルフラワーとして、食べることも可能です。ふんわり甘い豆の風味がします。

しかくまめはいんげんのように未熟なさやを食べるお野菜です。
食べ方は塩ゆでや炒めもの、一番は天ぷらがおすすめです。
表面積が大きいからさくっと揚がって食べやすいんです!

ぜひお店でみかけたらお試しを♪

ブログBlog

青木:千葉県民の味?ゆで落花生! 2018.10.18

こんにちは、農園タロとあき 青木昭子です。
秋の味覚、ゆで落花生についてご紹介します。

農園ではいま、落花生が旬を迎え、毎日のように落花生堀りをしています。
普通の落花生に比べて大きさが1.5倍!大粒の食べ応えある「おおまさり」という品種を栽培しています。

炒り落花生も美味しいけれど、この品種のおすすめの食べ方は塩ゆで。
IMG_20180921_184852_485.jpg
殻つきのままお鍋にいれて塩をいれて、30~40分ほどゆでればすぐに食べられます。
私は時短で圧力鍋で、加圧10分くらい。簡単にほくほくの甘い味が楽しめます。

ちなみに意外と千葉県民以外には殻の剥き方が知られていない?のでご紹介。
落花生の殻、よくみるとひよこみたいな可愛いくちばしがあるの、気づきましたか?

received_447441402331069-1.jpg
写真の肥大上、目をマーカーでつけてみました・・・
このくちばしを親指でぎゅっと押すと、簡単にぱかっと開きます。

我が家ではおやつにおつまみに、毎日のように食べてます・・!
落花生ごはんやカレーにいれたり、ピーナッツバターにするのもおすすめ。

炒り落花生と違い、茹で用の生落花生が食べられるのは秋のいまだけ。
直売所などで見かけたらぜひお試しください。



TOP

住所
〒260-0031 千葉市中央区新千葉1-1-1 ペリエ千葉2F-3F
営業時間
10:00~22:00 日・祝10:00~21:00
※一部店舗により異なります