遊ぶ・体験する

  • 遊ぶ・体験する
  • 食べる

京葉線沿線の夜さんぽスポット

2018.08.27

京葉線沿線の夜さんぽスポット

京葉線沿線には、野球の「千葉ロッテマリーンズ」やフットサルの「バルドラール浦安」、バスケットボールの「千葉ジェッツふなばし」をはじめ、プロスポーツチームが6つもあることをご存じですか? まだ応援に行ったことがないという方はぜひ一度行ってみてください。スポーツ観戦で地元のチームに声援を送ったあとは、京葉線沿線の人気スポットへ立ち寄ってみて。今回はスポーツ観戦を終えたあと、夕方から夜にかけて楽しめる京葉線沿線のスポットをピックアップしました。

京葉線といえば、忘れてはならないのが葛西臨海公園。「ダイヤと花の大観覧車」から見る東京湾の夜景は必見です。海浜幕張のホテルニューオータニ幕張の24階にある「ベイコートカフェ」も夜景を楽しめる人気スポットの1つ。そのほか、100種類以上のクラフトビールが飲める稲毛海岸の「WORLD BEER&DINING MIHAMA BASE」、西船橋で夜だけオープンする「Kakuya Coffee Stand」なども要チェックです。

スポーツ観戦とあわせて、京葉線沿線の人気スポットにもぜひ訪れてみてください。
  • 遊ぶ・体験する

森林浴×スポーツが爽快!「フォレストアドベンチャー」

2018.08.06

森林浴×スポーツが爽快!「フォレストアドベンチャー」

夏は外で身体を動かすのが気持ちいい季節。海、川、山と暑い夏も楽しく過ごせる自然がたくさんあるのが千葉の魅力です。しかし今年の夏は猛暑続きですっかりバテてしまった方も多いかもしれません。ついクーラーの効いた部屋でダラダラしてしまいがちですが、短い夏がもったいない! 重い腰をあげて、自然に身を置きアクティブかつヘルシーに過ごしてみませんか? 今回は千葉の多くのアクティビティの中でも“森林浴ができる”アトラクションをご紹介。森をそのまま活用したアウトドアパーク「フォレストアドベンチャー」で気分をリフレッシュしてみてください。汗が女性を心身ともにキレイにする、筆者はそう信じています。平成最後の夏の思い出作りにもぜひ!
  • 遊ぶ・体験する

総合施設「SEA DAYS」で館山をアクティブに遊ぶ

2018.06.28

総合施設「SEA DAYS」で館山をアクティブに遊ぶ

房総半島の最南端、館山市。海があり、自然が豊かなことは千葉の他の地域とも変わらないのですが、潮風が全方位から吹きパームツリーが立ち並ぶこの場所では、どこよりもゆったりした空気が感じられます。そんなのんびり館山市に、地元の自然を活かして遊べる魅力的なアウトドア総合施設があるのをご存知でしょうか。内房なぎさライン沿い、北条海岸が目の前の「SEA DAYS」。YOGA、SUP、RUNを軸に、館山の自然を活かしたアウトドアスポーツに取り組みやすい環境と、海を眺めながらくつろげるカフェスペースを提供しています。2014年5月1日にオープンを迎えてから、地元の人々だけでなく、県外からビジターも多く訪れる人気のヘルシースポットです。責任者の八代さんにお話をうかがいました。
  • 遊ぶ・体験する

房総の潮風を感じ「ビーチヨガ」でリフレッシュ

2018.06.04

房総の潮風を感じ「ビーチヨガ」でリフレッシュ

夏を目前に、海が気持ちいい季節になってきました。房総半島のビーチも人で賑わい始める頃です。さて、みなさんはビーチでヨガをしたことはありますか? 潮風を受け、海と自然を感じながら行う“ビーチヨガ”は、室内で行うヨガとはまた違った魅力を持っています。千葉の海沿いでも、そろそろビーチヨガのクラスやイベントがスタートする時期。未経験の方でも、すでにその気持ち良さを体験している方も、今年は房総の海でビーチヨガを体験してみませんか? 今回は一宮町在住のヨガ講師で、暖かい季節にはビーチヨガも行っているAoi Weiさんに、ビーチヨガの魅力や、ビーチヨガのあるライフスタイルについてお話をうかがいます。後半では、ビーチヨガを実施している千葉県内のスクールもご紹介!

TOP

住所
〒260-0031 千葉市中央区新千葉1-1-1 ペリエ千葉2F-3F
営業時間
10:00~22:00 日・祝10:00~21:00
※一部店舗により異なります