ベイエリア

  • 買う
  • 食べる

千産千消を味わえる、買える、楽しめる【 ペリエ千葉 】に行ってみよう!

2020.03.15

千産千消を味わえる、買える、楽しめる【 ペリエ千葉 】に行ってみよう!

みなさん「千産千消」をご存知でしょうか?
一般的に、ある地域で生産されたものを、その地域で消費することを、「地産地消」と呼びますが、それを文字って、千葉県で生産されたものを、千葉県で消費することを、「千産千消」と呼んでいます!
様々なものが作られている千葉県ですが、昨年の台風の影響で、多くの生産者さんが被災され、未だ復旧ができずにいる方々も多くいらっしゃいます。 そうした地元の方々や、千葉県の生産物を『 あらためて応援したい!千葉をもっと元気にしたい! 』という思いから、ペリエ千葉ではこの3月に、「千産千消フェア」を開催しています♪

今回、参加している店舗は、40店舗以上!各店舗が定番の千葉名物から、ちょっと変わったものまで、それぞれがピックアップした千葉産の食材を使ったメニューや商品が用意されています!

今回はその中から選りすぐった8店舗をご紹介します。ペリエ千葉で新しい千葉の味に出会えるかもしれません!

また、今回、対象の商品を購入すると、お子さまに限りですが、公募で選ばれたデザインの『千(チ)バッチ』が先着でもらえます。バッチのデザインの種類は50種類。どのデザインが手元にやってくるのかも、楽しみですね!

なお、現在、ペリエ千葉では、2月25日(火)に厚生労働省から発表された「新型コロナウィルス感染症対策の基本方針」をふまえ、当面の間、営業時間を短縮しているそうです。記事では通常の営業時間を記載してますので、ホームページなどで営業終了時間をご確認いただきますようお願い致します。
  • 見る 買う 食べる

イケアの魅力、再発見! 新生活応援特集

2020.03.15

イケアの魅力、再発見! 新生活応援特集

リーズナブルで種類豊富、家族で楽しめるエンターテインメント性もたっぷりの家具店と言えば、スウェーデン発の「イケア」。大型家具のみならず、雑貨や小物、フードプロダクトなど生活に必要な商品が一通り揃い、レストラン&カフェも充実しています。千葉県、JR南船橋駅の目の前にある「IKEA Tokyo-Bay」が国内第1号店として日本に上陸してから早14年、その魅力はすでに万人の知るところ。今回は新生活がスタートするこの時期に合わせて「イケアってやっぱりいい!」とあらためて感じられるような豆知識や期間限定キャンペーン、素敵なインテリアのコツをご紹介していきます。
  • 見る
  • 遊ぶ・体験する
  • 食べる

【2020年】日本の文化を見直そう!「ちばが誇る文化資産」特集

2020.02.15

【2020年】日本の文化を見直そう!「ちばが誇る文化資産」特集

千葉県は、観光地やリゾート地だけでなく、畑や海に見られる恵まれた地域資源や伝統ある歴史や文化もあり、幅広い楽しみ方ができる場所です。都会からアクセスしやすいのもポイントですね。
今年はいよいよ、日本でのオリンピック開催があります。そのような記念すべき年に、たくさんの魅力あふれる千葉県の文化資産から、日本の文化を紐解いていくのも面白いでしょう。

表題の「ちばが誇る文化資産」は、千葉県民のみなさんの投票を元に選定された、次世代に残したいと思う千葉の名所やお祭り、食べ物など111個で構成され、千葉にしかない、そしてぜひ全国・全世界の人に知って欲しい、まさにオンリーワンの魅力がつまっています。

季節限定のものもありますが、まだ行っていない場所を、1つ1つ訪ねてみるのも楽しいはず。ぜひ、ご家族やお友達を誘って行ってみてくださいね!もしも外国の友人が千葉を訪れることがあれば、ご案内の参考にしていただけると嬉しいです。

それでは今回は8つだけになりますが、111個の中からおススメのものをご紹介したいと思います。
  • 買う 遊ぶ・体験する 食べる

いちごシーズン到来! 「チーバベリー」と千葉県産いちご

2020.02.15

いちごシーズン到来! 「チーバベリー」と千葉県産いちご

1月〜5月中旬ごろまで、いちごの収穫シーズンまっさかり。千葉県内だけでなんと500もの農家があり、いちご狩りも盛んに行われています。千葉県オリジナル品種の「チーバベリー」や「ふさの香」をはじめとし、大網白里の個人により開発された黒いちご「真紅の美鈴」や県内でもっとも多く栽培されている「とちおとめ」など品種とその違いを知ることでいちご狩りがもっと楽しくなるはず。現在千葉県では「ちばいちごフェア2020」を開催中。ハッシュタグ〈#ちばいちごフェア2020〉を付けていちご写真を投稿すると、非売品のチーバくんぬいぐるみやチーバベリー、いちごスウィーツなどが当たるキャンペーンを2月29日(土)まで実施。いちごを食べ尽くそう!
  • 見る 遊ぶ・体験する 食べる

夜の千葉市街を楽しむ「YORU MACHI」とは!?

2020.01.16

夜の千葉市街を楽しむ「YORU MACHI」とは!?

今、千葉の中心市街の夜が幻想的と話題に! 11月にスタートし3月22日(日)まで開催されている「YORU MACHI in千葉市中心市街地」は「夜、寄りたくなる街へ」がコンセプトの、夜と光のアートフェス。街中のイルミネーションに加え、公園に光輝くスケートリンクが設置されていたり、美味しい千葉の食事を提供するイルミネーションラウンジやキッチンカーも登場。デートスポットとして、または家族のお出かけの場にぴったりの4ヶ月のロングランイベントです。2月16日(日)14:00〜JR千葉駅中央改札コンコースにて「YORU MACHI第九コンサート」も開催。期間中には新たなイベントやコンテンツが立ち上がるのでHPをこまめにチェックしてみてください。
  • 見る 遊ぶ・体験する

新春初笑い! 日本の大衆芸能を楽しむ

2020.01.16

新春初笑い! 日本の大衆芸能を楽しむ

みなさんは落語にどんなイメージをお持ちでしょうか。国民的長寿番組の「笑点」のような陽気な印象がある人もいれば、年配の方が観賞するものというイメージを持っていたり、理解するのが難しい、とっつきにくいと思っている人もいるのでは。実際には落語への知識がなくても老若男女問わず楽しめるように作られていて、一歩足を踏み入れるとどんどんハマっていってしまう底知れぬ面白さが。最近では若手が気軽に鑑賞できるイベントを開催することもあり、千葉県でも各地で落語会が行われています。今回は「新春初笑い」を楽しんでいただくため、落語の世界を覗いてみることに。千葉県出身の女流噺家、柳家花ごめ氏を訪ね、落語の魅力をうかがってきました。
  • 見る

令和最初のお正月は千葉の伝統文化に親しもう!

2019.12.12

令和最初のお正月は千葉の伝統文化に親しもう!

令和になってから早くも半年が過ぎ、2019年ももうあと1ヶ月を切り、年末やお正月の準備を進める時期になりました。令和最初のお正月の予定は決められましたか?
今回の記事でおススメするのは、お正月に体験してみたい千葉に伝わる伝統文化です。
みなさま、「おびしゃ」と呼ばれる伝統文化を聞いたことがあるでしょうか?「おびしゃ」は、関東地方、特に千葉県に多く、元々は弓を射て的に当てることで、その年の豊穣や村内および家内安全などを祈るものです。現在は的当ては行なわないものも多く存在していますが、神様の受け渡しの儀式に地域特有の特徴があったり、宴での踊りに力を入れていたりと「おびしゃ」と一言で言っても、色々なものがあります。今回は、千葉県内に存在する各地の「おびしゃ」をご紹介したいと思います。もし気になるところがありましたら、令和初のお正月という記念すべき時に、日本の伝統文化を覗きに行ってみてはいかがでしょうか?
取材時には、まだ日にちや内容が予定というところも多かったので、行かれる際は、必ず事前にお問い合わせしてからお出かけください!

TOP

住所
〒260-0031 千葉市中央区新千葉1-1-1 ペリエ千葉2F-3F
営業時間
10:00~22:00 日・祝10:00~21:00
※一部店舗により異なります