ベイエリア

  • 買う
  • 食べる

ワインとともに深まる秋を満喫

2018.11.05

ワインとともに深まる秋を満喫

ワインがおいしい季節になりました! ボジョレー・ヌーヴォーの解禁も迫ってきて、今年の仕上がりが気になっている人もいるのでは。ぜひワイン好き同士で集まって、産地や品種、熟成期間の異なるワインを飲み比べてみてはいかがでしょうか。今回は、千葉周辺でワインを堪能できる店や、ワインについて深く学べるスポットをピックアップしました。

ワインの基礎を学びたいという方は「市川ワインスクール」へ行ってみて。初心者向けから上級者向けまでさまなざまなクラスがあります。珍しいワインを探したいという方は「IMADEYA 千葉本店」へ。店内には1000種類のワインが並ぶので、きっと好みの1本が見つかるはず。レストランでワインをじっくり堪能したいという方には、無農薬ワインと創作フレンチを楽しめる「ビストロ レコルト」や、本格的なコーヒーとワインを両方味わえる「珈琲とワインのある暮らし 25 vingt-cinq」がおすすめです。

そのほかにも、千葉周辺でワインを楽しめるスポットをご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください!
  • 買う
  • 遊ぶ・体験する

千葉で出会うアートな秋

2018.10.01

千葉で出会うアートな秋

季候が穏やかになって、お出かけしやすい季節になりましたよね。「芸術の秋」ということで、秋のお出かけはクラフトマンシップを感じられる場所に行ってみませんか? 今回は、千葉でアートと手作りの魅力を感じれられるスポットをピックアップしました。

まず訪れたいのが、千葉市稲毛区にある「工房ゆう」。1日体験教室を実施しており、自分だけの陶芸作品を作ることができます。作品作りに夢中になったあとは、千葉公園近くのアートギャラリー「ギャラリー睦」へ。写真や絵画などさまざまな芸術に触れれば、感性が刺激されること間違いなしです。そのあとは、西千葉にある雑貨店「NUT」でお気に入りのハンドメイド雑貨探し。遊び心があふれるディスプレイを眺めているだけでもワクワクしてきそうです。そしてもう1つ、海外のヴィンテージアクセサリーや作家が作る器などを扱うショップ「ku.」も見逃せないスポットです。

そのほかにも芸術やモノ作りの魅力に出会えるスポットをご紹介! 気になる作品や手作りアイテムを探しにぜひ出かけてみてください。
  • 食べる

船橋と珈琲の密なカンケイ!「船橋コーヒータウン化計画」

2018.08.27

船橋と珈琲の密なカンケイ!「船橋コーヒータウン化計画」

「船橋市」と言えば……ふなっしー、ららぽーと、梨、小松菜などがまっさきに思い浮かんできますよね。しかし昨今新たに注目されている船橋名物、それが「コーヒー」。船橋市は3年前から街をあげて「コーヒータウン化計画」を進めているのです。実は船橋市には来客数が年間70万人というモンスター級の「ドトールコーヒー」が存在しています。そのドトールでは全国で唯一ハンドドリップのコーヒーの提供もしていて、それが格別に美味しいと評判。また、近隣にもいくつもの個人経営コーヒー店があり、どれも個性豊か。ドトールコーヒー船橋店を一気に押し上げたオーナー、そしてこのプロジェクトの発起人でもある梶真佐巳さんにお話をうかがいました。
  • 遊ぶ・体験する
  • 食べる

京葉線沿線の夜さんぽスポット

2018.08.27

京葉線沿線の夜さんぽスポット

京葉線沿線には、野球の「千葉ロッテマリーンズ」やフットサルの「バルドラール浦安」、バスケットボールの「千葉ジェッツふなばし」をはじめ、プロスポーツチームが6つもあることをご存じですか? まだ応援に行ったことがないという方はぜひ一度行ってみてください。スポーツ観戦で地元のチームに声援を送ったあとは、京葉線沿線の人気スポットへ立ち寄ってみて。今回はスポーツ観戦を終えたあと、夕方から夜にかけて楽しめる京葉線沿線のスポットをピックアップしました。

京葉線といえば、忘れてはならないのが葛西臨海公園。「ダイヤと花の大観覧車」から見る東京湾の夜景は必見です。海浜幕張のホテルニューオータニ幕張の24階にある「ベイコートカフェ」も夜景を楽しめる人気スポットの1つ。そのほか、100種類以上のクラフトビールが飲める稲毛海岸の「WORLD BEER&DINING MIHAMA BASE」、西船橋で夜だけオープンする「Kakuya Coffee Stand」なども要チェックです。

スポーツ観戦とあわせて、京葉線沿線の人気スポットにもぜひ訪れてみてください。
  • 見る

夏だ、花火だ! 千葉県内8月の花火大会特集!

2018.08.06

夏だ、花火だ! 千葉県内8月の花火大会特集!

“夏と言えば”の代名詞とも言えるお祭り&花火大会。むわっと蒸し暑い空気と、屋台のぼーっとした明かりといい香り、身体の内側にも響き渡る花火の振動。子供の頃に行った地元のお祭りの記憶が蘇ったり、彼や彼女と過ごした甘酸っぱい夏の思い出に浸ったり……嬉しさと切なさの入り混じったなんとも言えない気分になってしまうのは筆者だけではないと思います。今年まだ花火を見ていないという方、夏は半分終わってしまったけれどまだ間に合います!これから行われる大規模な花火大会が千葉県内にも数多く残っていますよ。厳選した6つの花火大会の詳細を、併せて楽しみたいご当地のおすすめ情報とともにご紹介します。

TOP

住所
〒260-0031 千葉市中央区新千葉1-1-1 ペリエ千葉2F-3F
営業時間
10:00~22:00 日・祝10:00~21:00
※一部店舗により異なります