ベイエリア

  • 見る
  • 遊ぶ・体験する
  • 食べる

冬はさらに恋しくなる?!日帰り温泉8選♨

2020.12.18

冬はさらに恋しくなる?!日帰り温泉8選♨

この1年は、みなさんにとってどんな年でしたでしょうか?
昨年とはまったく異なる過ごし方を求められた方がほとんどではないでしょうか?

行ける場所や働き方などの制限はありつつも、その中で家族時間の大切さや、家での充実した過ごし方を見つけられた方もいたことでしょう。
そんな大変な1年間を頑張ったご褒美として、近場で楽しめる日帰り温泉はいかがでしょうか?
ホテルや温泉施設の近くでの観光も楽しみつつ、心も体もぽかぽかになれる温泉に入れば、今年の疲れを癒し、来年に向けての充電もばっちりですね!

当記事では、そんなあなたにおススメの千葉県内にある日帰りで入れる温泉施設をご紹介します。
※取材時点において、今年ならではの季節柄の対策を取られているところをご紹介させていただきますが、 施設によって時間や人数が制限されている可能性、今後一時休業の可能性があるため、訪問される際は、必ず事前のお問い合わせをお願い致します
  • 見る

千葉で体感する、ロッカクアヤコの世界

2020.11.16

千葉で体感する、ロッカクアヤコの世界

2016〜2018年の期間、JR千葉駅直結のショッピングセンター「ペリエ千葉」が段階的にオープンし、その度に駅構内を彩ったポップな看板やポスター。幾重にもなった豊かな色彩とその中に埋れながらも存在感を放つ少女の姿が印象的で、記憶に残っている方もたくさんいるのでは。このキービジュアルを制作したのは千葉市出身の世界的なアーティスト、ロッカクアヤコ氏でした。現在千葉県立美術館で彼女の大規模な作品展が行われています。また、ペリエ千葉でもこの作品展を記念して「ART × GOURMET FAIR」を開催中。今はポルトガルで制作活動を行う彼女の作品と世界観に一挙に触れられるのはなかなかないチャンス。ロッカクアヤコワールドを一緒に覗いてみましょう!
  • 買う 遊ぶ・体験する 食べる

牛と人とを幸せにする「千葉ウシノヒロバ」

2020.11.16

牛と人とを幸せにする「千葉ウシノヒロバ」

若葉区に新たなレジャー施設「千葉ウシノヒロバ」が誕生。東京ドーム2個分の広大な敷地の中でキャンプやBBQができたり、マルシェやワークショップ、ピクニックまで楽しめる観光牧場です。育成中の乳牛の姿を眺めることができて、子供たちも大喜び。実はまだスタートしたばかりで未完成なエリアがあったり、準備中のサイトページも。でも「すべてが最初から出来上がっていてはおもしろくない。時代の流れに応じて、20年くらいかけてアップデートしていきたいんです」。そう代表取締役の川上鉄太郎氏は語ります。単純なレジャー施設にはとどまらない、そのユニークな哲学もお楽しみください。
  • 見る
  • 買う
  • 食べる

次世代に残したい『ちば文化資産』8選!

2020.11.16

次世代に残したい『ちば文化資産』8選!

『ちば文化資産』は、全部で111もあります!
みなさんはいくつ知っているでしょうか?

場所、食べ物、お祭りなど、様々な千葉の魅力が選ばれている文化資産ですが、今回は、秋晴れの日にぜひ訪ねてみたい場所についてご案内いたします。
1つ1つの場所には、素敵なエピソードがたくさんありますので、場所にまつわるストーリーと共に、楽しんでみることをおすすめします。
もちろん事前に調べてから行ってみるのも良いですし、実際に訪れてからじっくり調べてみるのもまた違った感動があるでしょう。

きっと、もっと千葉が好きになるはず!
広々としたところが多いので、ソーシャルディスタンスもばっちりですね。
  • 買う 遊ぶ・体験する

千葉の日本酒を身近に!「CHIBA SAKE」サイトオープン

2020.10.26

千葉の日本酒を身近に!「CHIBA SAKE」サイトオープン

みなさんは「日本酒」にどんなイメージがありますか? 種類がありすぎてよくわからない、奥が深そう、一部のお酒好きの人だけの飲み物。そんなネガティブな印象がある方も、日本酒大好きという方にもぜひ見ていただきたい今回の記事。千葉県内には40もの蔵元があり、“隠れた酒どころ”として知られていますが、今月、そんな千葉の日本酒の魅力を伝える「CHIBA SAKE」というwebサイトがオープンしました。わかりやすく、ビギナーの方でも日本酒の世界に足を踏み入れられるようなサイトづくり。さらにこのサイトをきっかけに、食や暮らし、観光など千葉県の楽しさの再発見や、地域活性化も目指しているそう。個性豊かな房総地酒の世界をご堪能ください。
  • 買う 遊ぶ・体験する

千葉ってとってもエコ!? 地球を守る千葉ライフ

2020.10.26

千葉ってとってもエコ!? 地球を守る千葉ライフ

気候変動を目の当たりにし、今こそ環境問題に本気で取り組まなければいけないというムードが世界的に高まっています。もちろん美しい海と里山のある千葉県も、この自然を次の世代まで継承するため様々な取り組みを実施。2008年からは「ちばエコスタイル」と称してこれまでの大量消費から循環型へ、“ライフスタイルの転換”を目標に、レジ袋の削減、食べ残しの削減、マイボトル・マイカップ使用を推進。さらに、環境問題に配慮しながら運営する農家さんや事業者のサポートや、温暖化対策、「エコメッセ2020inちば」の開催などなど。今回は数ある千葉の環境活動の中でも、特に気になったものをピックアップ。千葉の財産を未来に良い形で残せますように。
  • 見る

新しい風を運ぶ真っ白なギャラリー「HAKO」

2020.09.27

新しい風を運ぶ真っ白なギャラリー「HAKO」

千葉駅メインとなるエリアとは反対側の西口。8月1日にオープンした白い建物は「HAKO」と名付けられた小さなギャラリースペースでした。“真っ白な空間を使って遊ぶ”をコンセプトに、展示、イベント、お店、公演など枠にとらわれず様々なことを仕掛けていく場所です。体験や世界観を共有することに重きをおいた、新発想の、とことん自由なスペースが完成しました。発起人は東京でブランドプロデュースやデザインなどを手がける会社「MADE TO ORDER」の代表取締役、松永雄介さん。地元千葉で仲間たちと一緒に何かをしたい、と思ったのがHAKO誕生のきっかけでした。そこにNY在住のアートディレクター熊崎良さん、千葉で名物ショップを営む斎藤浩一さんという千葉出身の2人の仲間が加わりプロジェクトが動き出します。

TOP

住所
〒260-0031 千葉市中央区新千葉1-1-1 ペリエ千葉2F-3F
営業時間
10:00~22:00 日・祝10:00~21:00
※一部店舗により異なります